愛しのフランケンシュタイン

2020年10月25日 19:00

NUMBER7【タイトル】 愛しのフランケンシュタイン
【制作】 NUMBER7 六夏様

愛しのフランケンシュタイン【ジャンル】 探索アドベンチャー
【対象】 15歳以上(高校生~)推奨
【ED数】 5種類
【プレイ時間】 1周5時間(トータル6時間15分)程度
【ツール】 ティラノビルダー
【容量】 197MB(ダウンロード版)
【公開日】 2020年8月10日
【プレイver.】 1.03

夜の街を彷徨う探索アドベンチャーです。
生まれたばかりの怪物になって、失った心のかけらを探しにいきましょう! (作品ページより引用)


ふりーむ!でダウンロード版、ノベルゲームコレクションでブラウザ版・ダウンロード版が公開されています。

ふりーむ!の作品ページ→  ノベルゲームコレクションの作品ページ→

画面クリックタイプの探索・謎解きアドベンチャーです。です。

六夏様の作品は全てプレイさせて頂いており、今作も面白いんだろうなと期待してプレイ。
それはもう、面白かったです。
クリアまで5時間と、今までで一番のボリュームある作品でしたが、全く退屈することはなく。
ストーリーの面白さだけでなく、過去作と比べても操作性がとても良く、すこぶる快適でした。
チャプタークリアするとその後はチャプター毎にやり直せるし、ゲットしたアイテムも消えないのです。
何度もリプレイせずとも分岐点からやり直してエンディング回収もできるし、ありがたい仕様でした。
謎解きも難しすぎず、かと言ってあっさりしすぎず、心地良い手応えだったと思います。

BGMはクラシックの名曲がふんだんに使われており、そこも好ポイントでした。
知らない曲もあったけど、好きな曲が流れると「おっ、これは!」嬉しくなります。

ストーリーは、フランケンシュタインとして目覚めた主人公が「自分を取り戻していく」とでも言いましょうか。
街の様々な場所で、「心のかけら」を探し、取り戻していきます。
心のかけらを得ると、「共感」と「理性」のどちらかに振り分けることができ、
その数値が一定数になると新しい選択肢が選べるようになっていくというシステム。
どちらに振るか悩ましいのですが、これもチャプターリプレイしたときに数値が継承されるので、
最終的にはどちらもMAXにできる仕組みになっています。
あまり考えすぎず、心の向くままに振り分けちゃっても大丈夫かと。

登場人物も魅力的なキャラクターばかりでした。
紳士的だったり、ちょっと怪しげだったり、個性も様々です。
中でも特にアダムの家族たちはみんな彼に優しく、プレイヤーとしても居心地の良さを感じられました。
いつもだと、早く先が見たくてどんどん進みたくなるものなのですが、このゲームはその時その時が楽しく、
もう少し今を味わっていたい……と思いつつプレイした稀有なゲームでした。

エンディングは全て見られたものの、アイテムが全て回収しきれてなく(書類系)。
概ね探索したと思ったんですが、なかなか見つからず。そこはぼちぼち回収していきたいです。

以下の感想は、少しネタバレになるかもしれないので、反転しないと見えないようにしておきます。

アダムの「家族」は優しいですが、果たして善良な人間なのかは分かりません。
ただ、真っ直ぐで一途な人間なんだろうな、と思います。
もしかしたら、彼らのやったことは間違っていることもあるかもしれない。
それでも、何とか大切な人を取り戻そうとするそのひたむきさが、愛しくもあり悲しくもありました。

バラバラに壊れてしまった宝物を、必死につなぎ合わせて、それでもそれは歪で元には戻っていなくて。
その歪なものをぎゅっと抱きしめて、頬に涙の跡を残して眠る子供――そんな光景が思い浮かんで。
クリアした後、顔を覆ってわっと泣きたい気持ちになりました。
拍手する


コメント

    コメントの投稿

    ※コメント内容にネタばれが含まれる場合は、白文字にするなど未プレイの方への配慮をお願い致します。
    (やり方が分からない場合は、「このブログについて」をご覧ください)
    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fege.blog68.fc2.com/tb.php/1177-f4c50988
    この記事へのトラックバック


    最新記事