GHOSTEACHER

2020年10月26日 20:00

はなまるゲーム研究所【タイトル】 GHOSTEACHER
【制作】 はなまるゲーム研究所 はなまる様

GHOSTEACHER
【ジャンル】 
【対象】 全年齢
【ED数】 5種類
【プレイ時間】 1周12分(トータル51分)程度
【ツール】 ティラノビルダー
【容量】 123MB(ダウンロード版)
【公開日】 2020年8月31日
【プレイver.】 1.50

幽霊の学校で特別講師として働くことになったあなた。
素直で元気な生徒達。親切な先生。
理想の職場のようですが、忘れないでくださいね。
あなたの担当科目は「恐怖」です。 (ノベルゲームコレクション作品ページより引用)


ちょっとレトロゲー風な画面、グロテスクさもあるけど可愛らしい絵柄。
一目見てグラフィックに惹かれ、プレイさせて頂きました。

第一印象を裏切らない、コワカワイイ、素晴らしきゲームでした+(n'∀')n.+゜。.

キーンコーンカーンコーン

鳴り響く始業のベル。聞きなれた音のはず……が、短調になっていて。
ホラー感出て良いですね。

幽霊たちの先生となって、授業を行います。
授業と言っても、映像資料、お絵かき、給食を選ぶだけの簡単操作。
映像資料はショートストーリーなのですが、これが種類が豊富で面白かったです。
これぞホラーと言える正統な怪談から、心理的な恐怖、そして何というか……理的な恐怖まで。
個人的には4番のフロッピーが一番心にダメージを受けました(((゜Д゜)))
それぞれグラフィックも丁寧に描かれていて、これだけのお話、よくぞ準備されたなぁと思います。
お絵かきも楽しいし、給食も楽しい。
給食は、ちょっと人間の私としてはご遠慮願いたいものから、普通に美味しそうなものまで色々です。

※以下、ネタバレという程ではないものの、未読の方の楽しみを奪いそうなので
一部反転しないと見えないようにしておきます。

ハンバーグ】は、昨今フリゲ界に溢れている【カニバリズム】をさりげなく否定してるのに好感が持てました。
まぁ、ホントにぃ……?という気持ちも若干ありますがw
欲を言えば、魅力的なだけに給食メニューはもっとたくさん見たかったです。

登場する生徒は5人で、基本可愛いのですが、ちゃんとコワイところもあり。コワカワイイよー。
とは言え、どの子も性格が素直なので、あまり恐ろしくはなかったです
(「恐い」が誉め言葉の彼らには言えませんが)。
人間の絵は劇画調である意味怖く、幽霊たちの方が可愛く描かれているのも印象的でした。

彼ら一人にひとつエンディングが用意されています。
ただ、作品ページの解説にもあるように、、途中の成長過程が色々用意されているようです。
5人全員エンディング到達で50分強かかりましたが、成長まで見るともう少しかかりそう。

スキップ機能があるので周回に利用したいところ。
ただ今のところ、未読部分もスキップされてしまうので、既読のみスキップできると良いなぁと思いました。
拍手する


コメント

    コメントの投稿

    ※コメント内容にネタばれが含まれる場合は、白文字にするなど未プレイの方への配慮をお願い致します。
    (やり方が分からない場合は、「このブログについて」をご覧ください)
    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fege.blog68.fc2.com/tb.php/1178-61044b35
    この記事へのトラックバック


    最新記事