学期末のアウトサイダー

2020年11月05日 20:00

言ノ葉迷宮【タイトル】 学期末のアウトサイダー
【制作】 言ノ葉迷宮 KaTana様

学期末のアウトサイダー【ジャンル】 推理コミックゲーム
【対象】 全年齢
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 1周13分(トータル1時間半)程度
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 21.3MB
【公開日】 2019年12月(フリー版公開)
【プレイver.】 1.00

ある朝、登校を急ぐ木野は、曲がり角で同級生らしき見知らぬ女子とぶつかってしまった。
下校時に再び出会った彼女は、桂と名乗る。
その後も桂と出会い仲良くなった木野は、彼女から学校の七不思議について聞かれたり、
一緒に学食を食べに行きたいとせがまれるのだった。
しかし、快諾した木野に桂は、「自分には秘密があるんだ」と打ち明けてきて――


※2020年5月9日より、ブラウザ版も制作サイトさんにて公開されています。
 こちらからプレイ可能です。

元々コミティアで帆布のち、2017年9月にダウンロード販売された作品。
その後に、おまけ要素を削って見開き構成でリメイクしたフリー版の公開を開始されたとのこと。
そのフリー版の感想です。

コミPo!というコミック制作ツールで作られたコミック作品。
クリックかエンター、またはマウスのホイールでページをめくって進めていきます。

今までの人生で悟ったことのひとつは、食パンを咥えて登校する人なんて現実にはいないということ。
しかし、そんなベタな展開を敢えてやってしまうとは……!

今作は、そんなベタな出会いをした少女・桂さんの秘密を当てる推理ゲーム。
後半で、答えの入力があります。
更に、それとは別にある事件の推理も楽しめるという二重構造(こちらは入力なし)でした。
漫画面白かったですけど、推理はかなり難しかったです。

あまりにも見え透いていて、多分これは違うだろう、という答えしか思いつかず。
とりあえず入力してみましたが、不正解エンドの結末2に行きました。やっぱりなー。
さっぱり思い浮かばず、でもヒントを見たくなくて、片っ端から思いつく単語を試してしまいました。
最後は何とか正解でき、ほっとしました。
プレイログを見ると、90回は入力していたようです。ハハッ
所要時間1時間半かかっているところで、どれだけ苦心したか分かって頂けるかと……。
苦労したけど、試行錯誤した過程はたいへん面白かったです。

以下、ちょっとネタバレになるので、反転しないと見えないようにしておきます。

読んでいてこれは絶対伏線だろうと思っていたことがあり、その方向で考えていたのですが全く違いました。
これ、きっと意図的なミスリードですよねぇ。見事に引っ掛かりました。
その思い込みをいったん忘れて、「なぜ彼女がこんなことをしているのか」という事実から
思考を手繰り寄せていったところ、正解に辿り着けました。

ただ、何で名前が被っているのかが解せませんでした。
二人はもしやきょうだい!?と一瞬思いましたが、ならば彼女は兄(弟)にリサーチするでしょうし。
単なる偶然……というか、ミスリードの為の作品上の都合なのでしょうか。


それにしても、上手くしてやられたなぁと悔しいです。
更に、その後の「事件の真相」もぼんやりとしか分からず、ほぼ外してしまいました。
そこもちょっと悔しいです。
まぁ、クリア出来たので良しとしましょう。
拍手する


コメント

    コメントの投稿

    ※コメント内容にネタばれが含まれる場合は、白文字にするなど未プレイの方への配慮をお願い致します。
    (やり方が分からない場合は、「このブログについて」をご覧ください)
    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fege.blog68.fc2.com/tb.php/1188-f4a15b6a
    この記事へのトラックバック


    最新記事