カペル-Caper-

2020年11月09日 20:00

アルセイド工房【タイトル】 カペル-Caper-
【制作】 アルセイド工房 沙木直樹様

カペル-Caper-
【ジャンル】 考察系超短編ノベルゲーム
【対象】 6歳以上(小学生~)推奨
【ED数】 7種類
【プレイ時間】 1周1分(トータル14分)程度
【ツール】 ティラノビルダー
【容量】 126MB(ダウンロード版)
【公開日】 2020年3月13日
【プレイver.】 1.01

とあるアパートの6階角の部屋、そこにナニモノかが訪れる。
「ねぇ、ここを開けてよ」ナニモノかは淡々と告げた。
これは、様々な可能性の分岐した、短い短い物語。 (制作サイトより引用)


ティラノビルダー製で、ふりーむ!もしくはノベルゲームコレクションにて公開されています。

ふりーむ!の作品ページ→ ノベルゲームコレクションの作品ページ→

ふりーむ!の1分ノベルコンテスト参加作品。

「僕」の部屋をノックする誰か。
誰かに答えてドアを開けるか、ドアスコープを覗いて誰なのかを確かめるか。
行動によってエンディングが分岐する、ショートノベルです。
1分ノベルとしては、数分で一話が終わる、オーソドックスな分岐ノベル形式でした。

ドアの向こう側の人物は尖った耳を持ち、いかにも人間ではなさそうです。
いつドアを開けるかでストーリーや人物ががらりと変わるのが面白かった。
真実は読者の想像に委ねられており、詳細は語られません。
考察系って、あまりに抽象的すぎて恥ずかしながら私の頭では解釈が及ばない作品も多いんですが、
この物語は見終わってふと心にどういう情景なのかが浮かんでくるものがありました。
もちろん、その情景が真実なのかどうかは分かりませんが。

どのエンディングも、ハッピーエンドとは言い難いです。
ですが、なぜか嫌な感覚がなく、漂う悲しみさえ素直に受け入れられるようでした。
不思議な感覚です。
訪問者の正体が例え何であれ、孤独な自分に寄り添ってくれると感じるからかもしれません。

トゥルーエンドは、読んだありのままを捉えると分かり易いエンディングなのですが、
ドアの向こう側のはずが風景が部屋の内側のように見えるので、そう単純ではないのかも。
素直に捉えることもできるし、穿った見方もできるころが面白いと思いました。
拍手する


コメント

    コメントの投稿

    ※コメント内容にネタばれが含まれる場合は、白文字にするなど未プレイの方への配慮をお願い致します。
    (やり方が分からない場合は、「このブログについて」をご覧ください)
    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fege.blog68.fc2.com/tb.php/1192-ac537c0d
    この記事へのトラックバック


    最新記事