Planet nine

2020年11月12日 20:00

あ行。【タイトル】 Planet nine
【制作】 あ行。 アワラギ様(代表)

Planet nine

【ジャンル】 ビジュアルノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 - (分岐なしノベル)
【プレイ時間】 38分程度
【ツール】 ティラノビルダー
【容量】 114MB(ダウンロード版)
【公開日】 2018年4月8日
【プレイver.】 1.04

いつからだろう、わたしは、僕は。いつも気づくと、真っ白な光に包まれていた。
光の先には真っ暗な闇。星々が散らばり、流星が流れる。これは夢? それとも幻?
不思議な体験を共有する3人が出会い、いつしかある1人の人物の元へと集う。
(制作サイトより引用)


ティラノビルダー製で、ブラウザ・ダウンロード版あります。

ふりーむ!の作品ページ→  ノベルゲームコレクションの作品ページ→

分岐なしのノベル作品。
同じ宇宙の「夢」を体験した人たちが出会い、その理由を探っていきます。

登場人物たちが、タイトルである"Planet nine"や明けの明星に例えられて織り成すストーリー。
文章が詩的なことも相まって、とてもロマンチックだと感じました。
物語とは関係ありませんが、中島みゆきさんの「地上の星」という歌を連想しちゃいました。

私は宇宙にあまり関心がなく、Planet nineのことも知りませんでした。
読み終わって調べてみたところ、興味深いですね。
この作品を読んでから、夜空を見上げて金星を眺めたり、未だ捉えられないPlanet nineに
思いを馳せたりするようになりました。
拍手する


コメント

    コメントの投稿

    ※コメント内容にネタばれが含まれる場合は、白文字にするなど未プレイの方への配慮をお願い致します。
    (やり方が分からない場合は、「このブログについて」をご覧ください)
    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fege.blog68.fc2.com/tb.php/1195-c3ec5877
    この記事へのトラックバック


    最新記事