スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

ほんとにあったかもしれない怖い話「猿夢」

2009年08月19日 19:16

頽廃【タイトル】 ほんとにあったかもしれない怖い話「猿夢」
【制作】 頽廃(サイト消滅) ぐれっち様

ほんとにあったかもしれない怖い話「猿夢」
【ジャンル】 短編ホラーサウンドノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 - (分岐なしノベル)
【スチル数】 -
【プレイ時間】 3~5分
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 14.7MB
【公開日】 2007年8月17日

私は、夢をみていました。夢の中の私は無人駅に居て、そこで
「 まもなく、電車が来ます。その電車に乗るとあなたは恐い目に遇いますよ~」
というアナウンスを聞いたのです。
これは夢だから平気だ、と思った私は、好奇心でその電車に乗ることにしました。


※2011年11月19日現在、作者さんのサイトに繋がらないようです。
作品タイトルからVectorのページへリンクを張らせていただいています。


真夏をちょっと過ぎたあたりのホラーシリーズ第○弾!
このお話は2ちゃんねるオカルト超常現象板、死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?
スレのまとめサイトに掲載されている「猿夢」という怪談に加筆、修正したものということです。

ゆらゆらと揺れる蝋燭の炎を見て、勝手に百物語風の怪談だと思い込んでいました。
怪談には違いないのですが、思ったよりグロくて気持ち悪かった……。
私も、夢をみているときに夢だと自覚できることがあり、「これは夢だから平気」と
無茶をすることがあるタイプなので、余計に怖かったです。
readmeに★すごく重要★ヘッドフォン必須!!!!!!!!!1という注意書きがあったので、
使用すればもっと恐怖を味わえたのかもしれません。
生憎、うちにはイヤホンやヘッドホンが無いので未使用です。

しかし、これをプレイしたのがきっかけで2ちゃんねるのまとめサイトに興味を持って検索し、
他の怖い話を色々と読んでしまったことが一番の恐怖でした。
怖い話をまとめて見るとだんだん侵食されてきますね。夜中に見るもんじゃないです。
拍手する


コメント

    コメントの投稿

    ※コメント内容にネタばれが含まれる場合は、白文字にするなど未プレイの方への配慮をお願い致します。
    (やり方が分からない場合は、「このブログについて」をご覧ください)
    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fege.blog68.fc2.com/tb.php/133-171628ad
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。