スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

Collage

2009年08月29日 19:07

Homegorosi PROJECT【タイトル】 Collage
【制作】 Homegorosi PROJECT(サイト閉鎖) コミネト様

Collage
【ジャンル】 現代アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 - (選択肢あり・分岐なし)
【プレイ時間】 1時間
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 8.16MB
【公開日】 2004年5月

※現在、公開されていません。

選択式アドベンチャーゲームです。
選択肢はあるのですが、正解と違う方を選ぶと即ゲームオーバーになるようで、
実質一本道ノベルと言っていいかもしれません。

この作品は、同じ物語が男女3人の視点で順番に繰り返し語られる形式になっています。
ある程度物語が進むと、時間を遡って別人パートで見るということになるんですが、
視点が変わっても「ああ、この人はこう感じていたんだ」というような新鮮な発見や
驚きが大してなく、正直ちょっと退屈でした。
こういう形式の物語は、今までバラバラに見えていた伏線やピースが最後にぴたっと
一つになるという爽快感が必要なのに、中盤程まで読むと次に何が起こるかも、
物語の全体像までもはっきり読めるようになってしまったのはかなり残念でした。

と、自分はこのように感じましたが、逆に何気ない等身大の男女の物語を読むのが好きだ!
という方などは、共感できて楽しめる予感がします。
他の方のレビューを拝見する限りシナリオへの評価も高いみたいですので、
単に私の見る目がないだけか、肌に合わなかったかのどちらかなのでしょう。

音楽や画像はスタイリッシュで、見ているのは楽しかったです。
特にゲームを起動してすぐは、かっこ良くておおっと引き込まれました。
スキップしたときにザザッとテレビのノイズのような画面になるのやら、
途中の料理シーンでの演出も面白かった。
ゲームのマニアックさがないので、普段ゲームをやらない方もすんなり受け入れられそうです。

以下、正解ルートへの道筋を掲載しています。
ネタばれが嫌な方はご注意ください。
拍手する
ジュンの家に行く
友人の所に行く
ジュンの家に行く
まりあちゃんの話をする
ミキの家に行く
商店街の話をする
自分の話

同窓会に行く
子供の事が気になる
とりあえず行ってみる
コーヒーを褒める
誘いに乗らない
手伝ってもらう
遊園地に行く

もちろん
吉村さんを誘う
家に帰る
何かしてあげたい
引き受ける
送ってもらう
引き受ける
喫茶店に誘う

「こいつと、冗談やめてよ」
吉村の所に行く
確かに自分も悪い

一緒に行く
吉村と付き合う

物音が気になる


コメント

    コメントの投稿

    ※コメント内容にネタばれが含まれる場合は、白文字にするなど未プレイの方への配慮をお願い致します。
    (やり方が分からない場合は、「このブログについて」をご覧ください)
    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fege.blog68.fc2.com/tb.php/145-a5f0a13b
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。