スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

さよなら雨女

2009年09月03日 18:55

偽書[香津宮綺譚] 【タイトル】 さよなら雨女
【制作】 偽書[香津宮綺譚] 香津宮裕介様

さよなら雨女
【ジャンル】 短編サウンドノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 - (選択肢なし)
【プレイ時間】 5分
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 3.92MB
【公開日】 2007年1月24日

読了後、曇り空の隙間からぱーっと陽の光が差し込んだような気分を味わいました。
短いながら、清々しい気持ちになれるとっても良い物語です。
背景はシンプルで絵も落書きみたいなんですけど、そのシンプルな可愛さが
上手く物語にマッチしていたと思います。
ちくしょう、幸せになれよ!

※以下、ちょっとネタばれになりそうなので反転させておきます。
しかし、このラスト。
ハルオ君が、目の部分を丸く切り抜いた白い布を、頭から被っていた。
だったらギャグにもできますね。いや、ある意味ホラーか……?
更にそれがそのまま窓辺にぶら下がっていたら、ミステリーかホラーになりますね。

……良いお話なのに、こんな想像ばかり浮かぶあたり、私は間違っている気がします。
拍手する


コメント

    コメントの投稿

    ※コメント内容にネタばれが含まれる場合は、白文字にするなど未プレイの方への配慮をお願い致します。
    (やり方が分からない場合は、「このブログについて」をご覧ください)
    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fege.blog68.fc2.com/tb.php/150-d08cca48
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。