スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

Inferno番外編 真夜中の恐怖劇

2009年10月26日 20:55

Andante+web【タイトル】 Inferno番外編 真夜中の恐怖劇
【制作】 Andante+ 甘酒様(代表)

Inferno番外編 真夜中の恐怖劇
【ジャンル】 ゴシック風コメディサウンドノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 2種類?
【スチル数】 4枚
【プレイ時間】 45分程度
【ツール】 LiveMaker
【容量】 160MB
【公開日】 2009年9月19日

日頃からルドルフへの恨みを募らせていたベルゼブルは
ついにルドルフに復讐することを決めた。
復讐の協力者にマリアを選びルドルフの弱点を探り始めるが……。
(制作サイトより引用)


"Inferno番外編"というネーミングになっていますが、本編はまだない……のかな?
どうやらチラ見せ版のみ公開されているようです。
メイドである主人公・マリア(デフォルト名)が主のルドルフにタメ口聞いてたりと
登場人物たちがどういう関係なのかイマイチ分らない面はあるのですが
(チラ見せ版をプレイしたところ、どうやら単純に主従関係という訳ではなさそう。
ベルセブルに関しては全くの謎です)、特に番外編だからという点を気にせずに
単体で楽しめると思います。

ゴーストが住む館ということでホラーを想像しちゃいますが、とても愛嬌ある
キャラクターが活躍(?)するコメディな物語でした。
所々でアニメーションが入ったりして、ゲームというよりアニメを見ているようで楽しかった。
特に、オープニングのアニメーションに出てくる肖像画にキュンとしちゃいました。

ルドルフさんはかなり傲慢で高飛車な人物という設定みたいですが、
料理に対する指摘とか見ているとごく真っ当で、マリアの成長のために
あえて厳しく愛の鞭を振るう常識人のようにしか思えなかったです。
逆にマリアのほうがやや言い訳がましくて、使用人として未熟に見えちゃったかも。
でも、言われたことを認めて一生懸命頑張る面は健気でかわいいです。

ベルセブルも、一見かわいいけど油断ならない味のあるキャラでした。
最初に見たとき、旗を振りまわしているカワイイ猫だーと思っていたのですが、
旗じゃなくて血のついた斧でした。ひぃぃ。

以下、エンディングまでのルートを載せています。
反転しないと見えないようにしてありますが、ネタばれが嫌な方はご注意ください。
拍手する
※私が辿ったルートのみ記載していますので、あくまで一例です。



ベルセブルに協力する
アッサムでミルクティー


※[ベルセブルに協力しない]を2回選ぶとBAD END
※[ダージリンでストレートティー]を選ぶとBAD END

起きる前を狙う
読書中を狙う


食事の時を狙う
寝ているときを狙う

お茶の時間を狙う
ルールは分かった
ゲームに負ける


※[もうやめようとベルに言う]を選ぶとBAD END


コメント

    コメントの投稿

    ※コメント内容にネタばれが含まれる場合は、白文字にするなど未プレイの方への配慮をお願い致します。
    (やり方が分からない場合は、「このブログについて」をご覧ください)
    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fege.blog68.fc2.com/tb.php/170-0adc87f1
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。