スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

gajua~ガジュア~

2009年11月10日 20:00

I-04port ぜろよんぽると【タイトル】 gajua~ガジュア~
【制作】 I-04port ぜろよんぽると kahara様

gajua~ガジュア~
【ジャンル】 SFファンタジーアドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 5種類
【スチル数】 11枚
【プレイ時間】 1周1時間程度
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 60.1MB
【公開日】 2007年8月6日

主人公の貴女は辺境の村で調薬師となり平穏な毎日を過ごしていた。
ある日自宅の畑に変わった花が咲いているのを見つけ、
その花の名前を調べるために図書館へ。(制作サイトより引用)


前回ご紹介した「ラスティ混沌旅社から」の、こちらが1作目になります。
両作品はストーリーもゲーム性も別物ですが、世界背景が共通しているので、
両方合わせてプレイすると、色々分かって面白いです。

こちらは探索系ゲームではなく、選択肢を選びつつストーリーを読んでいく
ノベルアドベンチャーです。
個人的にゲーム性とかクオリティはラスティ混沌旅社の方が高いと思いますが、
ノベル系ゲームがお好きな方にはこちらのほうがお薦めできそうです。

主人公が女の子(グラフィックは後ろ姿のみですが)で、男性陣との絡みあり。
制作サイトさんには「恋愛に発展しませんので脳内で補完してください」とありますが、
少なくとも恋愛に足を踏み入れたか?くらいには仲良しになります。
ですが恋愛メインのストーリーではないので、いわゆる乙女ゲーが好きじゃない方も
抵抗なく遊べるのではないかと思います。
ReadMeには「景観ソフトの操作練習のつもり」と書かれていますが、
グラフィックが美しいだけでなくストーリーも面白くて、興味深く読めました。

エンディングは5つ。
TRUE ENDはちょっと特殊な現し方ですが、残りの各キャラENDは、実は後半にある
1つの選択肢を変えることで分岐する模様。
ただ、途中の選択次第で様々なイベントが色々起こりますし、2度目以降のプレイだと
選択肢が増えていたり(大抵は、既読のイベントを省略できちゃう便利な
選択肢になってます)するので、侮れません。
私は結局、何度も最初からプレイしちゃいました。
でも結構色々試したつもりなのに、まだスチルが埋まっていません。ううむ。
拍手する


コメント

    コメントの投稿

    ※コメント内容にネタばれが含まれる場合は、白文字にするなど未プレイの方への配慮をお願い致します。
    (やり方が分からない場合は、「このブログについて」をご覧ください)
    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fege.blog68.fc2.com/tb.php/177-d83db960
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。