スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

首がない子の話

2009年11月16日 20:11

じゅえる☆ぼっくす【タイトル】 首がない子の話
【制作】 じゅえる☆ぼっくす 水由きみや様

首がない子の話
【ジャンル】 ホラーサウンドノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 20種類
【スチル数】 -
【プレイ時間】 1周5分程度
【ツール】 NScripter
【容量】 5.85MB
【公開日】 2004年1月

主人公は小学校五年生の女の子、トモちゃん。
トモちゃんと同級生のユキちゃんは、怖がりのくせに怪談が大好き。
いつもどこかから怪談とか聞いてきて、怖いって泣いてる。
そんなユキちゃんがある日聞いてきたお話。
「首がない子の話って、きいたことある…?」(制作サイトより引用)


「学校の怪談」とか「お化け屋敷」みたいな、ちょっとB級感漂うホラー。
私は無駄に心臓に悪かったりグロテスクなホラーよりは、こういうほうが好みです。
タイトル画面はおどろおどろしい感じですが、さほど怖くないので
ホラーが苦手な方でも楽しめるのではないかと思います。

選択肢が多く色々なエンディングがあるので、埋めていく楽しみがあります。
終盤では、ただ読み進むだけでなく自分で考えて答えを出さないといけない選択もあり。
私は思いつくままに試して結構あっさりクリアできましたが、「分からない」「難しい」
という感想も見かけました。
制作サイトさん内にある隠しページにヒントや攻略が載っているので、
行き詰った方は頑張って探してみるといいかもしれません。

それにしても、主人公トモちゃんがしっかり者で感心してしまいます。
自分が小5のときとか、もっと単純でこんなしっかりした思考回路じゃなかったですよ。
でも、時々子供らしいかわいさを見せたりして、そのギャップがまた良かったです。

ストーリーは、本編が終わっただけでは少し謎が残るんですが、
エンディングコンプリート後に読めるおまけで色々分かってきます。
ヒントを見ればコンプリートもさほど難しくないと思うので、ぜひチャレンジしてみてください。
ちなみに、ED20が私のイチオシです。
拍手する


コメント

    コメントの投稿

    ※コメント内容にネタばれが含まれる場合は、白文字にするなど未プレイの方への配慮をお願い致します。
    (やり方が分からない場合は、「このブログについて」をご覧ください)
    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fege.blog68.fc2.com/tb.php/181-b39c1b49
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。