スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

北の森の魔女

2009年11月27日 19:13

NOSTALGIC GARDEN
【タイトル】 北の森の魔女
【制作】 NOSTALGIC GARDEN AKIRA様

北の森の魔女
【ジャンル】 童話系サウンドノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 - (分岐なしノベル)
【スチル数】 -
【プレイ時間】 5分
【ツール】 LiveMaker
【容量】 3.98MB
【公開日】 2006年2月1日(LiveMaker版)

とある小さな王国の北には、魔女が棲むとされる森があった。
国民は魔女を恐れ、森に近づくことは王により禁止されている。
しかしある時、王子がその北の森で迷い、行方不明になってしまう。
王子の身を案じた王は、禁を解き王子の探索を命じた――


ちょっと切ない童話風のサウンドノベルです。
シンプルな作りですが、ウィンドウの飾りなどが綺麗で、紙芝居や絵本を見るような
雰囲気がより良く感じられます。

あまり感情表現をせずに淡々と語られる文章なのに、痛いほどに感情が伝わってきます。
そんな似てる訳でもないけど、ちょっぴりいしいしんじという作家さんを思い起こしました。

※以下、ちょっとネタばれになりそうなので伏字にします。

普通、こういうお話は物語のタイトルロールに感情移入してしまうものですが、
この作品、私は周りの人々の想い――特に王の王子に対する愛情――に心打たれました。
最初はよくあるお邪魔キャラかと思ったんものの、後半になって、それも王子を思うが故の
行動だったんだなぁ、というのがひしひしと伝わってきました。
悲恋で終わる物語と言えば、例えばアンデルセンの人魚姫などが思い浮かびますが、
ハッピーエンドよりもこういった悲劇がより深く心に喰い込み残るのは、
主人公たちの愛情の深さがストレートに伝わってくるからだと思います。
愛って報われるから美しいのではなく、無償で相手を思い尽くすからこそ美しいのですね、きっと。
拍手する


コメント

    コメントの投稿

    ※コメント内容にネタばれが含まれる場合は、白文字にするなど未プレイの方への配慮をお願い致します。
    (やり方が分からない場合は、「このブログについて」をご覧ください)
    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fege.blog68.fc2.com/tb.php/193-2cbead44
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。