スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

図書室のネヴァジスタ「THE FOOL」

2009年12月04日 19:29

タース・エンターテインメント【タイトル】 図書室のネヴァジスタ「THE FOOL」
【制作】 タース・エンターテインメント

図書室のネヴァジスタ「THE FOOL」
【ジャンル】 クライムサスペンスアドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 -
【スチル数】 -
【プレイ時間】 1時間半程度
【ツール】 吉里吉里2/KAG3 
【容量】 59.7MB
【公開日】 2008年4月7日

それは、ネヴァジスタが用意した、ひとつの「ゲーム」
エイプリルフールに開かれたドラッグ・パーティー。
参加者はシークレット・サイトのチャットルームの住人――
「ケット・シー」「クランケ」「エイプリル」「イギー」「ミルク」「k」「ゴースト」
そして、サイトマスター「ネヴァジスタ」
「全員のハンドルネームを、最初に当てた人物に賞品を」
――5キロの覚醒剤。末端価格で二億を超す代物だ。
ネヴァジスタがマフィアから奪った覚醒剤をめぐって、
潜入麻薬捜査官、マフィアの使い、また前回のパーティの復讐劇が交錯する。
誰が友人で誰が敵なのか、何が嘘で何が真実なのか。
 
>Who is Neversista・・・?
 
果たして、パーティが終わるまでに、全てのハンドルネームを暴くことができるのか。
(制作サイトより引用)


このゲーム、評判が良いので楽しみにしていた一品だったんですが、期待通り面白かったです。

同サイトさんで制作中の「図書室のネヴァジスタ」(シェア作品。体験版公開中)の
キャラクターを使ったゲームになっています。
とは言え、キャラの立ち絵と名前だけを流用した作品ですので、体験版をプレイしなくても
十二分に楽しむことができました。
ただしサイトの注意書きにあるように、本編体験版を先にプレイしたほうがより難しく、
楽しくなると思われます(あまり言うとネタばれになりかねないのですが、
ミステリーとして難しくなるから楽しいのですよ……!)。
私も先に体験版プレイしておけば良かったと少しだけ後悔。

全員が男性キャラだし名前が若干覚えにくいのとで、最初は戸惑いました。
チャプターの読み方も少し変わっていて、会話シーンも最初のうちは誰が喋っているのか
解り辛く、少し取っ付き難い印象でした。
ただ、読んでいくうちに段々と状況が掴めてくると思います。
事前に名前とハンドルネームをメモでもしておくと後の推理で楽かもしれません。
もうひとつ気になったのが、ボーカル付きの音楽。
クライマックスで流れる分には盛り上がってすごく良いのですが、最初のチャットシーンで
流れたときは、音楽が邪魔で文章への集中力が削がれ、煩く感じました
(私の体調でその時たまたま集中できなかったということもあるので、
プレイした全員がそう感じるかどうかは分りませんが……)。

普通のミステリーと少し違うのは、ゲームだから全てが会話方式で進むんですよね。
推理小説ではお約束のひとつとして「地の文では嘘を書かない」というのがある訳ですが、
この作品においてはそういう前提もなりたたない訳です。
もう登場人物全員が好き勝手に嘘を吐いたり本音を漏らしたり怪しげに振る舞ったりと、
見ているこちらを混乱に陥れてくれました。
一応私は、一度読了した時点で大体の予想は付きました。
が、どうも自分の中で印象の薄い人が出てきてしまい、最後に「あれ、ハンドルネーム
まだあるんだけど誰か他にいたっけ」状態に……。
名前をメモしつつもう一度ざっと読んで、全員一発で正解することができました。
当て推量になることなく、きちんと台詞を読んでいけば解るだけのシチュエーションは
整っているということなので、整理しつつ読めばさほど難しくはないと思います。

身も蓋もない言い方をすれば、推理要素としてはハンドルネーム当てというだけですが、
疑心暗鬼に囚われる一同の緊迫した雰囲気は見ものでしたし、物語も後半一気に
盛り上がって引き込まれました。単純に読み物としても面白いと思います。
以前「人狼BBS」というゲームをやったことがあります(知らない人にはさっぱりですみません)。
疑心暗鬼で疑い合う登場人物たちの緊迫感が、そのゲームを彷彿とさせました。
傍観者だから言えるんですが、全てが終わってしまっても、ああもっとこの世界に
浸っていたい……と思ってしまいました。
「ネヴァジスタがこのゲームを一番楽しんでいる」と言うのなら、プレイヤーの私自身が
ある意味もう一人のネヴァジスタだったのかもしれません。
拍手する


コメント

    コメントの投稿

    ※コメント内容にネタばれが含まれる場合は、白文字にするなど未プレイの方への配慮をお願い致します。
    (やり方が分からない場合は、「このブログについて」をご覧ください)
    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fege.blog68.fc2.com/tb.php/200-8dfc94d9
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。