スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

わたしには聞こえる

2010年01月05日 22:40

言ノ葉迷宮【タイトル】 わたしには聞こえる
【制作】 言ノ葉迷宮 KaTana様

わたしには聞こえる
【ジャンル】 推理アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 8種類
【スチル数】 -
【プレイ時間】 1周1時間20分程度
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 11.0MB
【公開日】 2010年1月1日

畑野良吾は探偵事務所でアルバイトをしている大学生。
ある日、所長・千手が多忙のため、とある依頼の調査を任されることになった。
内容は、依頼者の娘・知佳子に「やまひこさま」を信じるのをやめさせることだという。
知佳子は幼いころ旧家で「やまひこさま」の声を聞いてからその存在を恐れていたが、
2週間前、今は別荘になっているその家でサークルの合宿を行ってからというもの、
「やまひこさま」の存在を崇め、売買話の持ち上がっている別荘を手放すことを
頑なに拒んでいると言うのだ。
千手のアドバイスを受けつつ、畑野は知佳子への聞き取り調査へ向かうことに。


好きすぎてずっと楽しみにしていた言ノ葉迷宮さんの準新作がとうとうWEB公開されました。
コミケに行けない身なので、待ち遠しくて仕方がなかったです。

今作は、ミステリーとしてはハウダニットでしょうか。
「やまひこさまの謎」は、一時期とある現象がテレビで頻繁に取り上げられたものあり
早々に分かっちゃったんですが、それを解明する爽快感より、自分で検索して答えを探すなど、
調べて行く過程の面白さが光っていたと思います。
ただ、検索で詰まっちゃったら答えを知っていない限りは解決エンドを見られないので、
ミステリーやゲームに慣れていても、インターネットに慣れていない方だとより難しいかも。
とはいえ、推理は何度間違ってもゲームオーバーになることはないし、近い答えを入れると
正解のヒントになるように誘導してくれたり、未解決エンドの展開にもさりげなく
ヒントになり得るものが混ぜられていたりと、そのあたりの配慮は嬉しかったです。

今回はノーヒントでベストエンドに辿り着けたので、すごく達成感がありました。
しかし、物語の後味はあまり良いとは言えません。
よく考えると今までのKaTanaさんの作品は後味が良くないものも多かったので、
そういう意味ではこの作者さんの持ち味ですね。

個人的な考えがあるので完全攻略を載せることはないと思いますが、もう少し時間が経ったら
ヒントらしきものを追記しようかなと考えています。
拍手する


コメント

    コメントの投稿

    ※コメント内容にネタばれが含まれる場合は、白文字にするなど未プレイの方への配慮をお願い致します。
    (やり方が分からない場合は、「このブログについて」をご覧ください)
    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fege.blog68.fc2.com/tb.php/232-66a7da9e
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。