スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

SP Night

2010年01月08日 19:18

Marble Soft【タイトル】 SP Night(スペシャル ナイト)
【制作】 Marble Soft 片岡みちか様

SP Night
【ジャンル】 女性向け恋愛アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 20種類
【スチル数】 8枚
【プレイ時間】 1周10分程度
【ツール】 NScripter
【容量】 32.2MB
【公開日】 2009年12月23日

主人公・有野深雪(名前変更可)は、商事会社の営業課に勤める派遣社員。
今年もいよいよ、年に一度のクリスマスがやって来た。
クリスマス。それは恋人のいない深雪にとっては辛い1日だが、それでも早く仕事を終えて、
一人でも美味しいものでも食べようと、意気揚々と帰り支度をしていた。
その時…苦手な上司、丸山課長から、残業をしてほしいと頼まれて…?
小さなキッカケから発生する、思いも寄らない急展開!?
果たして深雪は、どんなクリスマスを過ごすことになるのか…?(制作サイトより引用)


ちょっぴり旬な時期を逃しましたが、クリスマス企画の乙女ゲームです。
攻略対象は2人と少なめですが、何とエンディングは20種類。
1周に要する時間も短いので、気軽に何度も楽しめちゃいます。
絵もふんわり柔らかい雰囲気でとても綺麗だと思いました。

男性陣2人は、性格もストーリーもどちらも違ったタイプで楽しめました。
一言で表すなら、正臣は理想。圭吾は夢想。といったところでしょうか。

※以下、ネタばれが含まれる部分を伏字にしています。未プレイの方はご注意ください。

正臣は、仕事ができる大人の男性。落ち着いていて紳士的で、おまけに料理もできるだと!?
恋愛の様子も、こういう恋の始まりって良いな~と思わせられる、まさに理想的な展開でした。
特に【お家にお邪魔して深雪が「帰りたくない」と言うのを諭すシーン】がツボすぎます。
こんな風に扱われたら益々惚れるわ~。
対する圭吾は、実際ありえないけど、こういうアバンチュール(……死語ですか?)も
一度くらい起こっちゃったりしないかな!という類のストーリー。
どちらも魅力的で甲乙つけ難かったです。
個人的には恋愛度MAXのベストエンディングより、ハートが1個足りないエンディングの方が、
これから始まる恋への期待感が膨らんで好きでした。

システム面でも、スキップやホイールログ機能など実装されていて快適です。
ただ、他のレビューサイトさんでも同じ感想を見かけたのですが、エンディングが多いのに
クリア後にどのエンドを迎えたかが画面に表示されないので、おまけのエンディングリストで
今どれが埋まったかを逐一確認しないといけないのが少しだけ不便でした。

攻略は制作サイトさんにありますので、分からなくなったらご覧になってみてください。
拍手する


コメント

    コメントの投稿

    ※コメント内容にネタばれが含まれる場合は、白文字にするなど未プレイの方への配慮をお願い致します。
    (やり方が分からない場合は、「このブログについて」をご覧ください)
    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fege.blog68.fc2.com/tb.php/235-094ba002
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。