スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

ハイノネウタ~Song with Gray Sounds.

2010年01月26日 21:40

可算階段【タイトル】 ハイノネウタ~Song with Gray Sounds.
【制作】 可算階段 板村唯様

ハイノネウタ~Song with Gray Sounds.
【ジャンル】 短編ノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 - (分岐なしノベル)
【プレイ時間】 5分程度
【ツール】 NScripter
【容量】 3.34MB
【公開日】 2010年1月22日

ある曇り空の日、僕と彼女たちのささやかな交流。
(コンテストページより引用)


Fantasistaの横顔(サイト閉鎖)・二位俊哉さん主催の第二回One dot contestに
応募された作品(No.10)。

ちなみに、審査期間が過ぎるとコンテストページでのダウンロードはできなくなります。
その後公開されるかどうかは制作者さんの意思に委ねられ、公開される場合も
最低1ヶ月のクール期間が設けられるので、興味ある作品がございましたら、
この期間にダウンロードしておくことをお勧め致します。

コンテスト終了しました。

現在、この作品は加筆されて「サイノネウタ ~What a Colorful World.」という
タイトルで公開されています。
上記タイトルからそちらのダウンロードページ(Vector)へリンクを張っています。

コンテストの制約に対して「これでどうだ!」と挑みかかるような意欲作。
コンテスト応募作の中で、かなり異質な存在感を放っていたと思います。
HINTファイルの存在がなければ、「ん、なんだこりゃ?」で終わっていた可能性も……。

同梱のHINTファイルを見て、そういうことかと思い何度か読み直すこととなりました。
こういう個性的な作品は好感が持てるんですが、ゲームとして面白いと感じたかと
問われれば、私にとっては微妙だったと言わざるを得ません。
とはいえ、何度も読んで理解したくなるだけの吸引力があったことは確かですね。
合う人にとっては一番面白い、合わない人にとっては一番つまらないと感じるタイプの
作品ではないでしょうか。

ちなみに作品の解釈については、コンテスト応募者のおひとりでもある「雲上四季」の
秋山真琴さんが考察されています(第2回 One dot contestエントリー作品をプレイしました)。
色々細かいところまで考えられていて、感心させられてしまいました。

私が読んで思ったのはもっとお粗末なものですが、簡潔に書いてみたいと思います。
まず、灰色の髪の少女と坂崎瞳以外は、自分の姿が映るものを通して描かれています。
中庭の宝田先輩は微妙な線ですが、「池がある」という記述がそれに該当するんじゃないかなと。
また、坂崎瞳の場合は「所作が主人公と同じ」という点が怪しいです。
出会った場所が踊り場や廊下の角ということで鏡や窓という可能性がなきにしもあらず?強引ですが。
そして、唯一主人公と容姿が一致しない灰色の髪の少女なんですが、彼女だけは出会った時に
主人公が無視しているという特徴もあります。
主人公は周囲を灰色の世界としてしか認識していませんので、この少女も「周りの世界」、つまり
自分でないものとして映っているのではないかと思いました。
そう考えると、灰色の少女以外全てが主人公自身なんじゃ?というのが結論です。
でも、上記でご紹介させて頂いた秋山さんの考察のほうが正しいように思えます。
私もさも考察した風味に書いていますが、実はあんまり深くは考えていません。
というか、つまるところこれ以上分かりません/(^o^)\たすけて



最後に、参考のため第二回 One dot contestの応募要項を転載しておきます。

コンテスト応募作品は、以下の制約の元で制作されています。

一 製作期間は一週間
二 シナリオは20KBまで
三 テーマに沿った作品を仕上げること
四 姿形が全く同じ人物を必ず登場させること
五 二十分以内に一度はクリア出来るように仕上げること
六 登場人物はモブキャラを含めて五人まで
七 背景に使用出来る画像は十五枚まで
八 BGMは五曲まで

ちなみに第二回のテーマは、
【A】変態科学者
【B】普通じゃない学園
【C】有名な家族を持つ主人公
【D】お互い好きだって何となく分かっているのに告白出来ないままの人達
【E】中二病をこじらせたまま大人になってしまったやつら

五つの中から一つの選択方式、だそうです。
拍手する


コメント

    コメントの投稿

    ※コメント内容にネタばれが含まれる場合は、白文字にするなど未プレイの方への配慮をお願い致します。
    (やり方が分からない場合は、「このブログについて」をご覧ください)
    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fege.blog68.fc2.com/tb.php/253-905123d6
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。