スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

優しい呪い

2010年04月08日 19:41

トラベルミン【タイトル】 優しい呪い
【制作】 トラベルミン 未槻ネオン様

優しい呪い【ジャンル】 陰々滅々世界平和ノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 - (分岐なしノベル)
【スチル数】 -
【プレイ時間】 2~3分
【ツール】 delphi・もっとちっちゃいab
【容量】 650KB
【公開日】 2010年4月1日

その瞬間、世界中の人が死ねなくなりました。(制作サイトより引用)


2010年のエイプリルフールに公開されたミニノベルです。
もっとちっちゃいabというツールで作られているようなのですが、
起動して思わず「ちっさ!」と言ってしまうくらいウィンドウがちっちゃかったです。

ショートなので、3分もあれば読了できるかと思います。
小さいのですが、モノトーンの背景とノイズの効果音が恐怖を煽ってくれました。
よくよく考えると怖いお話なのですが、恐怖感というよりも「生きてる」って
一体何なんだろうなとちょっと考え込んでしまいました。

※以降、ネタばれ及び多少のグロ表現がありますので、閲覧にご注意ください。

亡くなった人間って、映画やゲームで見るイメージがあって一般的に想像できるのは
せいぜい「くさった死体」程度のものしかないと思うのですが、著しく腐敗すると
終いには液状になっちゃうそうです。
そういう状態で「生きてる」ってどんななんでしょう……。
まぁ肉が溶けたら最後には骨人間なんでしょうが、そう考えるとまた「自分」って
何なんだろうなと。溶けて土に返った私も自分なのか、残った骨が自分なのか。
どうなんでしょう。何か作品の意図とは違うところで考え込んでしまった気もします。
拍手する


コメント

    コメントの投稿

    ※コメント内容にネタばれが含まれる場合は、白文字にするなど未プレイの方への配慮をお願い致します。
    (やり方が分からない場合は、「このブログについて」をご覧ください)
    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fege.blog68.fc2.com/tb.php/303-d4e7ee4f
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。