スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

図書室のネヴァジスタ「四月の魚~Poisson d'avril~」

2010年07月10日 15:34

タース・エンターテインメント【タイトル】 図書室のネヴァジスタ「四月の魚~Poisson d'avril~」
【制作】 タース・エンターテインメント

図書室のネヴァジスタ「四月の魚~Poisson d'avril~」
【ジャンル】 サウンドノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 - (分岐なしノベル)
【スチル数】 -
【プレイ時間】 1時間半程度
【ツール】 吉里吉里2/KAG3 
【容量】 83.9MB
【公開日】 2010年4月1日

――四月の魚、ご用意しています―― 
三か月前、罵倒と共に追い払った妹から届いた、エイプリルフールの招待状。 
多額の会社の金を横領していた私は、 事実の発覚に怯え、追い詰められていた。 
招かれた山荘にいたのは、 妹ではなく正体不明の七人の男たち。 
彼らは一体、何者なのか。 
姿を消した妹との関係は。 
四月の魚とは。 
閉じられた空間で、次々に暴かれていく事実。私は生きて帰れるのだろうか。 
(制作サイトより引用)


同サイトさんで制作中の「図書室のネヴァジスタ」(シェア作品。体験版公開中)の
キャラクターを使った派生ゲームになっています。
とは言ってもストーリーは別物なので、本編を知らなくても問題なさそうです。

以前プレイした「THE FOOL」が面白かったのでこちらも期待していたところ、
やはり期待通りに面白かったです。前作のようなサスペンスフルな作風ではありませんが、
ストーリー展開も良く練られているし、台詞回しも面白くてクスッとしちゃいます。
絵も、キャラクターのちょっとした表情が可愛くて満足です。
細かい部分では、コンフィグ画面のポインタの葉っぱが可愛かったです。
ピンクピンクしたタイトル画面を拝見して「どんな話やねん!」と思っていましたが、
同じ立ち絵やキャラを使っているのに「THE FOOL」とは雰囲気も全く違うというのが
不思議な感じで面白いですね。
エイプリルフール作品ということでもっと短編を予想していたのに、思った以上に
読み応えがあったのも驚きました。
以前の作品では少しバックログが見難い(誰の台詞かが分からない)点などが
気になっていたのも改良されており、より快適に読むことができました。

派生作品ということで、本編を知らないから、あるいは購入予定がないから、と
スルーしてしまうのは勿体ない作品です。
拍手する


コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. 沙鳥 | URL | GCA3nAmE

    >リアさん

    長らくお返事せずに申し訳ありません。
    リアさんは本編もプレイなさったのですね。
    私はサスペンス大好きなので本編もぜひプレイしてみたいのですが、
    なかなか踏み出せないまま時が流れております……。
    こちらの作品、主人公が女性だったり、前年のエイプリルフール作品
    "The Fool"に比べても軽快な雰囲気で、私も新鮮さを感じました。

コメントの投稿

※コメント内容にネタばれが含まれる場合は、白文字にするなど未プレイの方への配慮をお願い致します。
(やり方が分からない場合は、「このブログについて」をご覧ください)
(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fege.blog68.fc2.com/tb.php/333-ab3aa827
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。