スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

感情線

2010年11月16日 21:09

イッツウ舎【タイトル】 感情線
【制作】 イッツウ舎

感情線
【ジャンル】 ビジュアルノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 - (分岐なしノベル)
【スチル数】 -
【プレイ時間】 15分程度
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 31.2MB
【公開日】 2009年10月16日(リメイク版・サイト配布)

「僕」はバスの中、大切な「彼女」の名前を思い出そうとしている。
大切だったあのころの日々も、思い出も、その中にはまる最後のピース
――「彼女の名前」――がなければ意味がない。
これは、そんな「僕」と「彼女」を廻る物語。(制作サイトより引用)


選択肢なしのノベルです。

「感情線」というタイトルを初めて見た時、電車の「環状線」を連想したのですが、
ふとしたきっかけでググると手相のページが出てきたので、ああそっちもあったか!と。
もちろんこの物語は手相のお話ではありません。
始終思い出話を語るときの哀しいノスタルジーが漂っていて、予感はしていましたが、
なるほどある意味予想通りであり、ある意味で予想を裏切られるストーリーでした。

終点がなくぐるぐると同じ路線を回り続ける「環状線」。
そんな堂々巡りの切なさを感じました。
絶妙のタイトルだと思います。

ただ、個人的な好みになるかもしれませんが、嗚咽のシーンの表現などで擬音を
多用していたのだけは、ちょっと作品の雰囲気を損ねていて勿体ない気がしました。
拍手する


コメント

    コメントの投稿

    ※コメント内容にネタばれが含まれる場合は、白文字にするなど未プレイの方への配慮をお願い致します。
    (やり方が分からない場合は、「このブログについて」をご覧ください)
    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fege.blog68.fc2.com/tb.php/379-936efea4
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。