スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

空木物語

2011年02月08日 20:46

SNAIL LAMP【タイトル】 空木物語
【制作】 SNAIL LAMP 511様

空木物語
【ジャンル】 和風伝奇ノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 - (分岐なしノベル)
【スチル数】 -
【プレイ時間】 3時間15分程度
【ツール】 NScripter
【容量】 8.83MB
【公開日】 2005年10月4日

未だ古い因習の残る町、空木町(うつぎまち)
この町に起こるのは、人の影に潜む怪異。(制作サイトより引用)


空木町(うつぎまち)という、架空の町を舞台にした物語。
時代も現代より少し遡り、明治・大正くらいのイメージで描かれているようです。
個人的には、もう少し新しい大正~昭和初期くらいな空気を感じました。

独特の人物絵と、セピア色の背景、悲しげなBGMが良い雰囲気でした。
人物絵は、最初見たとき味があってイイ!と思ったんですが、女性が少々
不気味に見えちゃいした。
男性はいい味出てると思うんですけど……、不思議。

物語は、5編に分かれていて、空木町で怒る怪異を、何人かの共通する登場人物の
視点から描いたものです。
すごくドラマティックな展開、というのではありませんが、効果音の使い方などで
怪談のうすら寒い感じがよく出ていたと思います。
怪異が楽しかったというより、何気ない日常を描いた描写(作家さんが深夜家に帰り、
作りかけの料理を見て色々思うところとか)に共感を覚えました。
拍手する


コメント

    コメントの投稿

    ※コメント内容にネタばれが含まれる場合は、白文字にするなど未プレイの方への配慮をお願い致します。
    (やり方が分からない場合は、「このブログについて」をご覧ください)
    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fege.blog68.fc2.com/tb.php/460-50d3fa33
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。