スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

斬首人が連れて行く

2011年02月19日 19:13

*coelacanth*【タイトル】 斬首人が連れて行く
【制作】 *coelacanth* 18歳未満入室禁止 那々瀬様、雅様

斬首人が連れて行く
【ジャンル】 オカルティックBL18禁ADV
【対象】 18歳以上
【ED数】 9種類
【スチル数】 -
【プレイ時間】 1周45分程度
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 18.9MB
【公開日】 2009年6月7日

――《斬首人》が俺を殺しにくるのなら、逆にそいつを殺してやる

首斬り役人を先祖に持つカルカテラ家には嵐の晩に現れる《斬首人》に
首を斬られて死ぬという言い伝えがあった。
シア・カルカテラは祖父が病死したのを機に当主の座を受け継ぐための
《カルカテラ後継儀》に臨むことになる。
父と母は首を斬られて死に、唯一の肉親となった兄は別城に篭っていて
もう数年も会っていない。
外では雨が降り続け、不穏な雰囲気に包まれたまま城は運命の夜を
迎えようとしていた……。(制作サイトより引用)


※制作サイトさんは18歳未満の方は入場禁止です。ご注意ください。

私、BLが苦手ですので普段ならプレイはしません。
ですが、こちらの作品はストーリーがすごく面白そうだったので惹かれて、
ぜひともプレイしたくなってしまいました。

嵐の夜、城の中で怒る惨殺劇。
登場人物も誰が味方で誰が敵なのか分からない不信感と不気味さがありました。
まるでクローズド・ミステリのようでとてもドキドキさせられました。

承知してプレイした事とはいえ、18禁作品ということでエロシーンがあるのは
自分としては正直辛かったですが、それでもプレイして良かったと思える面白さでした。

攻略はなかなか難しかったので制作サイトさんのヒントを見てしまったのですが、
何だか珍しく燃え上がり、ちらりとヒントを見た以上は攻略に頼らずに結構頑張りました。
色々試して新展開に持ち込めた時は本当に嬉しかったです。
拍手する


コメント

    コメントの投稿

    ※コメント内容にネタばれが含まれる場合は、白文字にするなど未プレイの方への配慮をお願い致します。
    (やり方が分からない場合は、「このブログについて」をご覧ください)
    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fege.blog68.fc2.com/tb.php/471-fb54f495
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。