スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

恋をおしえて

2014年09月13日 19:34

恋をおしえて【タイトル】 恋をおしえて
【制作】 radix works

恋をおしえて
【ジャンル】 ファンタジー恋愛ADV
【対象】 全年齢
【ED数】 5種類
【スチル数】 13枚+差分5枚
【プレイ時間】 1周50分程度
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 125MB
【公開日】 2013年4月28日

『ユリウス王子の侍衛官に叙する』

新米衛士の主人公が命ぜられたのは、常に王族の傍らにあって護衛する、
王宮衛士としては名誉なはずの職務だった。
とはいえ、おのれが護るべき相手は『良いのは顔だけ』と陰口を叩かれているぐうたら王子。
周囲から反対ばかりされ、主人公は半ば意固地になりながらも精一杯勤めようと決心する。

その熱意はどこまで通じるのか、結果やいかに――?(制作サイトより引用)


ずっと完成を楽しみにしていたゲームのひとつです。
途中紆余曲折あったのを制作ブログで見ていたので、完成を知ってすごく嬉しかった!
色々あって知ったのは遅かったけど、気付いてすぐにプレイしました。
……すぐにプレイしたのに記事にするまで1年かかりました。・゚・(ノД`)・゚・。 ゴメンナサイ

こちら、シナリオを担当されたEmpyrean 鷹野遥さんの別作品、「氷の涙」の
クロスオーバー作品となっています。
ただ、お話自体は全く別物なので、氷の涙を知らない方でも何の問題もありません。

氷の涙は、かなりシリアスなファンタジーで大好きな作品のひとつなのですが、
こちらは同じ世界のお話でもかなり雰囲気が違います。
重い雰囲気だと読んだ後ずっしり来てしまうので、ある意味安心して楽しめました。
イラスト原画も、これまた氷の涙でキャラクターを担当された蛇千代さんです。
塗りを担当されたのが別の方ということで、こちらも氷の涙の時とは違って見えます。
やや意外に感じましたが、これも作品の明るい雰囲気に合っていて良かったかも。

攻略対象は2人と絞られています。キャラ的にはユリウスのほうが好きだった。
グレンは幼馴染と聞いて連想する慣れ合い関係とは少し違っていて展開が楽しみでした。
拍手する


コメント

    コメントの投稿

    ※コメント内容にネタばれが含まれる場合は、白文字にするなど未プレイの方への配慮をお願い致します。
    (やり方が分からない場合は、「このブログについて」をご覧ください)
    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fege.blog68.fc2.com/tb.php/524-8172a102
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。