スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

クロエのレクイエム

2014年11月03日 17:54

ブリキの時計【タイトル】 クロエのレクイエム
【制作】 ブリキの時計 ぬばりん様、ななしのちよ様

クロエのレクイエム
【ジャンル】  探索ホラーアドベンチャー
【対象】 12歳(中学生)以上
【ED数】 4種類
【スチル数】 -
【プレイ時間】 2時間半~3時間程度
【ツール】 RPGツクールVX
【容量】 87.2MB
【公開日】 2013年10月2日

少年と少女は夜明けまで、二人だけの演奏会を開く――
少年、ミシェル・ダランベールはどこかへ向かっていた。
行くあてのないどこか。
……たどり着いたのは、とある有名な音楽家の住む呪われた館だった。
(制作サイトより引用)


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクールVXのランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

※この記事は、ver1.15時点での情報です。

謎解きありの探索ホラーアドベンチャーです。
こちらの作品、とても有名な作品なんですね。
ちょうどフリゲから遠ざかった時期の作品というのもあり、私は最近知りました。
ぜひやりたいと思ったものの、ホラーだし大丈夫か?とドキドキしつつのプレイでしたが、
ホラー苦手な私でも問題ない程度でした。
多少の追われ要素がありますが、何かが起こる前はキャラクターが動けなくなるので
「今から来るぞ……!」というのが分かるんですよね。
すぐに逃げられないのはもどかしいのですが、それが逆に心の準備になり助かりました。

探索中ミシェルが怖い目に会うとライフが減っていくシステムもあり。
ただし、すぐ回復できるので困りません。
もう少しシビアな方が緊張感出たんじゃないかなと思う程です。
前半は謎解き探索メインで進み、後半になるとストーリーが挟まるようになり
ミシェルとクロエの事情が明かされていきます。
探索中に謎の文章を色々と発見するのですが、あれはこの事だったのかと
きちんとピースが嵌って行く感じです。
謎解き要素は難しすぎずさくさく進めたし、やっていて面白いものも多かったです。
ただ、トゥルーエンドは行き方が分からなく、制作サイトさんの攻略を参考にしました。
うーむ、ちゃんと手持ちのアイテムを使いきったり、くまなく探索すれば行きつけたかなぁ。

そしてこの作品、クラシック音楽がふんだんに使われています。
ベートーベンの「月光」とか、もはやホラーゲームの代名詞になりつつあるような。
私もそこそこクラシック好きな人間なので、好きな音楽を聞きつつのプレイは楽しかったです。
特に月光と、ラストフロアの曲はとても好きなので嬉しかった。
クラシックだけでなく、ゲームオリジナルの曲もとても印象的で耳に残っています。

また、ゲーム中にサティの言葉が書いてある紙があるのですが、個人的にサティの
音楽って聞いてると心がざわざさして、頭がおかしくなりそうな気分になるのです。
そいいう意味で、私の中ではサティがクロエの父親のイメージでした。
拍手する


コメント

    コメントの投稿

    ※コメント内容にネタばれが含まれる場合は、白文字にするなど未プレイの方への配慮をお願い致します。
    (やり方が分からない場合は、「このブログについて」をご覧ください)
    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fege.blog68.fc2.com/tb.php/575-7a574f48
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。