スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

夢幻夜

2014年11月15日 18:12

無何有の郷【タイトル】 夢幻夜
【制作】 無何有の郷 白楽様

夢幻夜
【ジャンル】 謎解き探索アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 3種類?
【スチル数】 -
【プレイ時間】 3時間前後
【ツール】 RPGツクール2000 VALUE!
【容量】 2.39MB
【公開日】 2006年6月13日

栄助は気がつくと見知らぬ屋敷にいた。
そこは山の奥深くで、空には満月が輝いている。
不思議な屋敷を歩く黒い影。それは屋敷の主、稲荷神であった。
そして彼の奇行には、栄助が祖父から聞いた昔話が関係しているらしい。
謎だらけの屋敷に隠された、稲荷神の過去の秘密とは?(制作サイトより引用)


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクール2000のランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

伝奇風の謎解き脱出ゲームです。
同作者さんの前作"Museum"がかなり難しかったので、この作品も解けるかどうか
不安だったのですが、とても面白そうだったのでチャレンジしてみました。
途中2ヶ所程攻略見ちゃいましたが、何とかクリア!
公式サイトに載せてあるスクリーンショットが、さりげなくネタばれでヒントになった箇所もあったり。

相変わらず謎解きは難解でした。
「何でこのヒントをここに設置したんだろう……」というような、多少首を傾げる箇所もあり。
とはいえ前作より分かりやすいような気がしましたし、諦めずに最後までやり遂げたいと
思えるだけの魅力がありました。
ストーリーを追っていく過程も楽しめたし、アイテムを使った面白い謎解きも多かったです。
しかしゲーム終盤で斧を手に入れた後に、片っ端から目に付く木材を切ろうとした挙句、
「これで祠の扉をぶっ壊したら早くね?」と思って試した私は、稲荷神の罰が当たりますかね(・ω・`)

ラストも昔話にありそうなノスタルジックな終わり方で、クリアできた満足感がありました。
エンディングはおそらく3種類。
隠し(と思われる)エンディングは多少難解で攻略を参考にしましたが、見られて良かったです。

以下、攻略を掲載しています(外部攻略動画の紹介もあり)。
ちょっと分かり辛いと思うので手を加える予定あり。
開くとそのまま見えてしまうので、ネタばれが嫌な方は閲覧にご注意下さい。
拍手する


外部攻略サイトのご紹介(YouTube動画)

・ 夢幻夜 ヒント動画 前編
・ 夢幻夜 ヒント動画 後編

ヒントが視覚的に見られて分かりやすい上、答えは伏せてあるのでお勧めです。



以下、攻略です。ネタばれ注意。

-----最初に----------------------------------------------------------------

■→1階、■■→2階 で表しています

囲ってある部分は、ヒントになるメモ等の内容です


---------------------------------------------------------------------------

■■最初の部屋
   箪笥→赤い札GET

■■隣の部屋
   赤い札を使う(以後、赤い札の部屋と表記します)

掛け軸「赤い龍は子供と戯れ、月夜に飛ぶ。」



■■下側左の部屋
   箪笥→鋏GET

■■部屋の外の廊下

「春霞 長持 のろし 怒る 狼虎」



フラグ後
押入れ「年の初めに雪が降る。道端には牛が伏す。」



■■赤い札の部屋
   花を鋏で切る→青い札GET

ヒント1 【すぐ外の廊下のメモがヒントになります
ヒント2 【5つの単語の頭文字を読むと→はなのいろ。尻文字を読むと……?

答え 【みちしるこ→緑、茶色、朱、瑠璃、琥珀

フラグ後
メモ「月のない夜、筆を走らせものを書く。遠くで犬が鳴いている。」



■上側右の部屋   
  青い札を使う(以後、台所と表記します)
  
  杵GET

メモ「白き猛虎は書を好む。」


フラグ後
臼の中「空はきれいな夕焼けだ 村の鶏高く鳴く」



■渡り廊下奥の部屋

 掛け軸「黒き霊亀は知を貴ぶ。霊亀は闇に身を隠す。」



庭に下りて、飛び石の切れた壁の所で杵を使用→壁に穴が開く

■倉庫
 柄杓GET

掛け軸「青き大鳥は酔い、そして舞う。大鳥は皆と交わり暗きを好む。」



「朝は快晴 ウサギ追い しばし休息す」
「ねずみに始まり、うし、とらと進むにつれて二つずつ増える。
 すなわち、いのししは二十二。」



■庭 
 穴を調べる→黒い箱→黄の札GET

■1階上側左の部屋
 黄の札を使う(以後、宴会場と表記します)
 巻物、徳利と猪口、毬、硯と筆をGET

4つのアイテムを順番に座布団へ並べます。
ヒント 【掛け軸の言葉
    【左が明るい、右が暗い。暗いのを好むのは?

答え 左から【 毬 】、【 硯 】、【徳利】、【巻物
   →奥の箱にパスワードが現われる

ヒント1 【十二支
ヒント2 【二ずつ増えいのししが二十二ならば、ねずみが0、次が二…という数えになります。

答え 【牛(丑)2番目なので2、ウサギ(卯)4番目なので6、鶏(酉)18、犬(戌)20

   【】赤、白、青、黒 182620】 →蝋燭GET

台所
 竈に蝋燭を使う→火のついた蝋燭GET

■渡り廊下奥の部屋
 燭台に火のついた蝋燭を使う(下から)

1階から西に行けるようになっている

庭に降り、奥の稲荷神の祠へ 戻ってくると女の人に会う
 女の人のいた場所→鉄の鍵GET

西側 奥の木の扉に鉄の鍵を使う

かくれんぼで遊ぼう

ヒント1 【だるまさん転んだはいけない】→【振り返らない
ヒント2 【十数えたら……」

答え 【10秒ひたすら待つ

メモ「かたっぽだけで暗くても 飾り物では仕方ない」



宴会場
 右の燭台を調べる

■西の木の扉部屋
 壺が動いている→奥へ

 仏像の札を剥がす→白い札GET
 右のスイッチを動かす

逃げる!!

■西のふすま→白い札を使う
 (以後白い札の部屋と表記)

机の上のメモ
ずいずいずっころばしの歌の順に人を並べよう

茶壺に追われて…与作
米食って→平太
親に呼ばれた→三平
茶碗を欠いた→勘一郎

いろは歌の
よ→三 へ→一 さ→六 か→二
宝箱→緑の札GET

■■2階 上側右の部屋
 緑の札を使う(以後、緑の札の部屋と表記)
 ふすま「一×白と三+黒」(白黒メモ壱)
 碁盤

■■最初の部屋
 碁盤

■■2階真ん中の部屋
箪笥「二-白と四=黒」(白黒メモ弐)

壁メモ「白と黒」

白黒メモ壱のある部屋の碁盤で、
×の線上にある白の石の数、 +の線上にある黒の石の数を数える 5、7

もうひとつの碁盤 白黒メモ弐の石の数
-の線上にある白の数、=(上下)の線上にある黒いしの数を数える 4,3

漢数字の順に ×、-、+、= で 5473→黒の札GET

■■下側左の部屋
 黒の札を使う(以後、黒の札の部屋と表記)

棚の左から調べる 鈴GET
経典の棚 右端を数度調べると「真っ二つ」
灯篭の升目を2つに割って、左右を重ねます。
手前、奥の部屋でそれぞれ重ねると……手前 イ ウ 奥 シ ス イシウス

「僕はどこへ隠れたのでしょうか」→いしうす(ひらがな、カタカナOK)

台所
 石臼→「おにびたろう」

■1階下側の部屋
 「私の名前を当ててみよ。」→おにびたろう

 斧GET
 鬼火太郎と話す→天の札GET

■西側下の部屋
 机の日記を読んでおく(水晶玉取得フラグ)

「見つけて手をつき我のもの」青
「巻いてくるくる尽きるまで」白
「歌を歌いて地に跳ねる」黄

正解すると雨が止む

一度部屋から出るて戻る
机の日記を読む→続きが読める(一度だけ)

布団の袖部分を何度も調べる→水晶玉GET


台所
 竈の前の手桶に斧を使う→板GET

■1階下側の部屋
 鬼火太郎に柄杓を直してもらう→直した柄杓をGET

■西の庭
 水の中で何かが光っている→川底で何かが光っている→柄杓を使う
→お堂の鍵GET

■奥の稲荷神祠→お堂の鍵を使う

■ラスト廊下
 戻る→エンディング
 進む→エンディング

 看板を調べ、手前から5番目の左提灯のあたり→隠し部屋
 祭壇で水晶玉を使う→隠しエンド


コメント

    コメントの投稿

    ※コメント内容にネタばれが含まれる場合は、白文字にするなど未プレイの方への配慮をお願い致します。
    (やり方が分からない場合は、「このブログについて」をご覧ください)
    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fege.blog68.fc2.com/tb.php/587-77a2f6fc
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。