スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

ブルーレッド(BlueRed)

2014年11月16日 16:12

A子【タイトル】 ブルーレッド(BlueRed)
【制作】 A子 本間A子様

ブルーレッド(BlueRed)
【ジャンル】 ヤンデレゲー
【対象】 15歳以上推奨
【ED数】 5種類
【スチル数】 6枚+差分
【プレイ時間】 1周5~10分程度
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 47.0MB
【公開日】 2011年10月29日

主人公・陽子(名前変更可)は、楽しいはずの夏休みを補習で消費していた。
その補習からの帰り道、夏の暑さのせいか体調が悪くなった陽子は、
公園に寄り道して休憩を取る。
そこで何かが起こる。(制作サイトより引用)


以前ご紹介した「レッドブル」の攻略対象がもしヤンデレだったら?
というコンセプトで作成されたゲームだそうです。
レッドブルが未プレイでも大丈夫と思います、との作者さんのコメントありますが、
前作プレイ後の方が楽しめそうではあります。

レッドブルよりやや短めなストーリーながら、内容が濃くて楽しかった!
レッドブル自体爽やかとは言い切り難い独特の怪しい雰囲気がありましたが、
今作は正真正銘ヤンデレなので、逆に妙な安定感がありました。
(やはりというか、多少はコミカルなルートも存在します)

ヤンデレって、大抵は相手の気持ちを顧みないひとりよがりな描かれ方が多いのですが、
こちらの彼は、きちんと相手の心を得られるよう計算して動いているのがすごい。
残酷と思えるルートも、熱烈な愛の言葉が甘美でゾクゾクしました。
一度しか聞けないに違いないからこそ、全てが心に刻み込まれるようで。
また違うルートでも、実際は彼の罠に違いない展開なのですが、
恋愛なんてある程度化かしいなのだから、2人が幸せならそれで良いんじゃない?
と思えてしまうのですよ。きっと彼なら一生陽子ちゃんを化かしていけると思います。
陽子ちゃん怖い目にはあっても、決して傷つけられないのも(身体的な意味で)ポイント高し。

今作は15歳以上推奨でして、多少艶っぽいシーンもありました。
と言っても微艶程度なのですが、これも非常にゾクゾクしてしまいました。
今までヤンデレが好きだと思った事がなかったんですが、今回は前述したように
色んな点がとても好みに合致していて、新しい境地に目覚めそうな予感です。

また、END4、5は少し変わったルートになっており、そちらも違うテイストで良かったです。

攻略はこちらもエンディングリストにヒントが出るので簡単だと思います。
一応、追記にて攻略掲載しています。
反転しないと見えないようにしていますが、ネタばれにご注意下さい。
拍手する
※私が辿ったルートを記載していますので、あくまで攻略の一例です。



■END1 「バッドエンド回避?

受け取る】→【確認する



■END2 「永遠に彼の虜

受け取る】→【飲む】→【赤くなる



■END3 「君は一生俺のモノ

受け取る】→【飲む】→【青くなる



■END4 「桜の精と一緒になりました

奇数回プレイ時にルート解放】→【赤くなる



■END5 「桜の木の下の死体と一緒になりました

奇数回プレイ時にルート解放】→【青くなる


コメント

    コメントの投稿

    ※コメント内容にネタばれが含まれる場合は、白文字にするなど未プレイの方への配慮をお願い致します。
    (やり方が分からない場合は、「このブログについて」をご覧ください)
    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fege.blog68.fc2.com/tb.php/588-37711cd1
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。