スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

いちろ少年忌譚

2014年12月04日 18:03

えびふろ 【タイトル】 いちろ少年忌譚
【制作】 えびふろ ななえ様

いちろ少年忌譚
【ジャンル】 ホラー探索アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 ?種類
【スチル数】 -
【プレイ時間】 2時間半程度
【ツール】 RPGツクール2000
【容量】 4.10MB
【公開日】 2008年5月3日

主人公「佐々木いちろ」は八十上学園に通うこっくりさんが趣味の高校生
ひょんな事から呪われてしまったいちろに学園七不思議の魔の手が迫る!
果たしていちろは七不思議に打ち勝つ事が出来るのか!
(制作サイトより引用)


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクール2000のランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

えびふろさんの作品はいくつかプレイさせて頂きましたがどれも面白く、
その作品群の中でも書籍化されている人気作ということで期待大!でプレイしました。

期待を裏切らず面白かった。そしてちょっぴり怖かった!
びびりな私でも頑張れる程度ではありましたが、特にトイレが怖すぎて身震いしました。
入った瞬間、得体の知れない音がするんですよ……(泣)
調べる度に早く出たくて仕方ありませんでした。

ゲームの目的は、迷い込んだ異次元の学校に蔓延る「七不思議」を退治していく事。
七不思議は特定の場所にいて、出会うと戦闘モードに突入します。
ゲーム中でも説明はありますが、戦闘と言ってもRPGのようにただ戦うだけでは勝利できません。
七不思議の特性に合わせた弱点を集めておき、工夫して使う事で撃退できます。

ゲームには調べるとダメな即死ポイントもあります。
怪しくても調べないといけない場所もあるので、決死の覚悟で突撃して覚えるしかありません。
セーブ出来るのが図書室のみなので大変ですが、そんな罠もいいスパイスになっていて、
楽しみつつプレイできました。

謎解きは意外とスムーズに進めました。
ただ校長室の犬だけが分からなくて、その日のうちにクリアしたいあまりに攻略を見たのですが。
そして後悔。あー、これはもうちょっと頑張ったら解けてたっぽい!
翌日に持ち越しても何ら支障はないのに、先を見たさのあまり急いでしまいました。
おかげでクリアできたものの、悔しさが残る結果となってしまいました。

エンディングは1種類(ゲームオーバーは除く)だと思っていたのですが、
攻略を参考にさせて頂いたブログ情報ではどうやらバッドエンドも存在するようです。
そちらについてはまだ未確認ですので、確認できたら記載したいと思います。
拍手する


コメント

    コメントの投稿

    ※コメント内容にネタばれが含まれる場合は、白文字にするなど未プレイの方への配慮をお願い致します。
    (やり方が分からない場合は、「このブログについて」をご覧ください)
    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fege.blog68.fc2.com/tb.php/606-ab0c3372
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。