スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

WHITE ENIGMA

2014年12月07日 18:42

晴れ時々グラタン【タイトル】 WHITE ENIGMA
【制作】 晴れ時々グラタン ユキ子様

WHITE ENIGMA
【ジャンル】 短編ホラーアドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 4種類+おまけ
【スチル数】 -
【プレイ時間】 1周20~40分程度
【ツール】 NScripter
【容量】 35.5MB
【公開日】 2013年2月13日

目覚めた『私』は、すべての記憶を失っていた。
奇妙な館を覆い隠さんとばかりに降り積もる、雪と謎。
新聞の日付は、12月25日――クリスマス。(制作サイトより引用)


見知らぬ館のベッドで目覚めた主人公。
自分が誰なのか思い出せず、何故ここに居るのかも分からないまま、
人影の無い館内を探索していくホラーアドベンチャーです。
ホラーですが、脅かし要素はほぼありません。、無人なのに何かの気配を感じる不気味さや、
奇妙さを煽る音楽だったりと、雰囲気で味わうホラーでした。
ゾクリとする場面もありますが、怖いのが苦手な方でも遊びやすいと思います。
クリスマスが舞台というのもあり、真夏よりは寒い冬にぴったりの作品かと。

グラフィックはほぼ実写で、一部キャラクター絵もあります。
ここぞという時に登場するので、印象的かつ効果的でした。
探索については、選択肢は多いように見えて実際行動出来る範囲がさほど多くなかったのと、
迷ったら考える、調べるで主人公が道筋を示してくれるのとで、あまり迷わずに進めました。
ただ、エンディングを迎えるために必要な行動を満たしてなく、初回はゲームオーバーに。
その辺りの試行錯誤はあったものの、BADとGOODは割と苦労せずに見られました。
Nomalが一番難しかった。

本編はシリアス一辺倒ですが、おまけシナリオはまた違った雰囲気で面白いです。
本編の居心地の悪さにどんよりした後に、おまけを見ると癒されますよ!

以下、詳細な攻略ではありませんが、各エンディングを迎えるための条件を記載しています。
反転させないと見えないようにしていますが、ネタばれが嫌な方はご注意下さい。
拍手する


エンディング分岐

■Good End 「SNOW
 
オルゴールの蓋を開け、白い少女と一緒に脱出



■Normal End 「Enigma
 
オルゴールの蓋を開け、名前を間違えて1人で脱出



■Bad End 「Prey
 
オルゴールの蓋を開け、中庭に行かず1人で脱出



■Bad End 「Dive
 
オルゴールの蓋を開けず、1人で脱出



■SECRET End 「KUMA
 
お針子部屋に行った時、テディベアを調べまくる】→【名前を呼ぶんだ!



■Game Over
 
玄関の鍵を開けていない状態で逃げる】等


コメント

    コメントの投稿

    ※コメント内容にネタばれが含まれる場合は、白文字にするなど未プレイの方への配慮をお願い致します。
    (やり方が分からない場合は、「このブログについて」をご覧ください)
    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fege.blog68.fc2.com/tb.php/609-73864c38
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。