スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

白い殺意

2014年12月11日 18:03

白い殺意【タイトル】 白い殺意
【制作】 ふぁるこむ様(Webサイトなし)

白い殺意
【ジャンル】 推理アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 2種類
【スチル数】 -
【プレイ時間】 1時間程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 15.8MB
【公開日】 2013年7月29日

高校のミステリ研究会に所属する鮎川守は、顧問の橘先生と同級生の香織との3人で
山奥のペンションへ合宿に訪れていた。
温泉が名物のペンションで美味しい料理に舌鼓を打ち楽しく過ごしていたが、
その晩、宿泊客のひとりが他殺死体で発見される。
吹雪に閉ざされたペンションでの殺人事件。はたして犯人は誰なのか?


第5回WOLF RPGエディターコンテスト 総合27位を獲得された作品。
上記のコンテストページからダウンロードが出来ます(エントリー番号【35】)。
一応記事のタイトルからもダウンロードページへのリンクを張らせて頂いています。

ウディタ製の推理ゲーム。
使用ツールからてっきり探索系、もしくはキーボードで読み進める系だと思っていたら、
普通のフリーアドベンチャーと同じく、マウスで読み進める事が出来るタイプでした。
ウディタって何でも作れるんですね。すごいなぁ。
年齢制限は設けられてないですが、内容に性的なもの(お色気シーンじゃないですよ)が
含まれるので、個人的には少なくとも小学生にはお勧めし辛いなと感じました。

内容は典型的なクローズドサークルで、正統派の推理もの。
こういうタイプの推理ゲーム大好きなので、嬉しい限りです。
終盤で犯人の動機と文字で証拠を入力するシーンがあります。
私はあまり何も思い付かない時点で推理モードに突入してしまい、
「え、もう犯人指摘するの!?これだけの情報で正解できるんだとしたら……これか?」
という感じで一発クリアできました。
あまりミスリードになる複雑さがないのと、注目すべき点にさりげなく何度か触れて
注意喚起させているので、思い返せばピンと来るかなと思います。
分からなくてもゲームファイルに正解を記載したファイルが同梱されているので、
クリアできないままになる事はないでしょう。
ただ、これはずばり答えそのものなので、ヒントだけを見られる措置もあれば
尚良かったのになと思いました。
メモを取りつつ考えに考えて答えを出すのが好きな方だと物足りないかもですが、
手軽に、でもきちんとした推理ものをプレイしたい!という方にはもってこいです。

エンディングは、推理成功と失敗の2種類だと思われます。
成功ルートでは「え、犯人こんなすごい事考えてたの!?」と驚いたのですが、
失敗ルートではまさにそれを実行していて……唖然としました。ひぃぃ。

この作品でひとつ嫌だったのが、作中で某作家の小説についてのネタばれ記述があった事。
幸いというか私はその作品は既読だったので、不快感程度で済みましたが……。
作品名には言及していないし、さらっと簡潔に触れただけとは言え、トリックの核心です。
もし私がその作家の作品を読み始めたばかりで、まだ見ぬ数々の名作を楽しみにしている
人間だったら、「プレイしなければよかった」とがっかりしたと思います。
こういうの見ちゃうと、どうしても「この作品がもしや」と先入観持ってしまいますし……。
推理ゲームをプレイするような人が、推理小説を読み込んでいる人ばかりとは限りません。
少なくとも私はその小説を読むまで、そのトリックの事は知りませんでした。
有名な作品なら誰もが知っているのでいいだろう、なんて思わないで欲しいです。


WOLF RPGエディターコンテスト
拍手する


コメント

    コメントの投稿

    ※コメント内容にネタばれが含まれる場合は、白文字にするなど未プレイの方への配慮をお願い致します。
    (やり方が分からない場合は、「このブログについて」をご覧ください)
    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fege.blog68.fc2.com/tb.php/613-2731d5b6
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。