スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

わたしのトナカイ

2009年07月13日 20:00

綾の国【タイトル】 わたしのトナカイ
【制作】 綾の国 綾姫様

わたしのトナカイ
【ジャンル】 女性向ノーマル恋愛アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 4種類
【スチル枚数】 6枚(差分2枚)
【プレイ時間】 10分程度(トータル30分程度)
【ツール】 吉里吉里2/KAG3 
【容量】 3.1 MB
【公開日】 2008年12月24日

ニナは、サンタクロースの女の子。
お仕事の大事なパートナーは、聖獣トナカイのカイです。
ニナはニコラウスおじいちゃんを亡くして淋しい思いをしながらも、カイに支えられながら、
クリスマスに“願いの粉”を振りまくため、聖地でお仕事に励む日々を送っていました。
そんなある日、ニナの前に突然、一人の男が現れました。
「僕、人間になったみたいなんだ」
なんとそれは、人間の姿になったカイだったのです。
しかし、人間の姿ではそりを引いて空を飛ぶことができないので、このままでは、
“願いの粉”を届けることができません。
クリスマスはもう明後日に迫っています。さあ、ニナはどうすればいいのでしょうか。
(作者様サイトより引用)


これは、すごく良いです。好きです。
一応乙女ゲームに分類されていますが、あまり恋愛モノという感じではありません。
それよりも、ファンタジックな物語の雰囲気に引き込まれました。
可愛らしい性格のキャラクターも魅力的。
作者さんが「2人を書いていて温かい気持ちになりました」と仰っているのですが、
プレイしているこちらも、ほのぼの温かい気持ちになれました。
ニナとカイは、プレイヤーにも願いの粉の贈り物をくれたようです。
しかし、単にそれだけで終わらず、ギャグの盛り込みも忘れていません。
油断していた頃、一番最後に辿り着いたBADENDでお茶吹きそうになりました。
システム面でも快適で、主人公以外の2人のキャラにはボイス付きと豪華です。

惜しむべくは、この作品の内容とは季節外れの真夏に出会い、プレイしてしまったこと……。
12月にプレイしたら、きっと素直な優しい気持ちでクリスマスを迎えられていたような気がします。

あと個人的に、トナカイの絵がすごく良いでした。人間バージョンより好きかも('ω'*)
拍手する


コメント

    コメントの投稿

    ※コメント内容にネタばれが含まれる場合は、白文字にするなど未プレイの方への配慮をお願い致します。
    (やり方が分からない場合は、「このブログについて」をご覧ください)
    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fege.blog68.fc2.com/tb.php/62-704343bf
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。