スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

Whodunit

2015年01月04日 19:30

Whodunit ふりーむ!のページ【タイトル】 Whodunit
【制作】 Daythestar(Webサイトなし)

Whodunit
【ジャンル】 探索推理アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 1種類
【スチル】 -
【プレイ時間】 20分程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 13.6MB
【公開日】 2013年3月21日

ファンタジー世界の村で、引っ越してきたばかりの少女が殺された。
探偵役となり真実を掴め!(ふりーむ!作品ページより引用)


制作者さんのサイトは無いようなので、タイトルとバナーからふりーむ!の作品ページへ
リンクを張らせて頂いています。

タイトルの通り、「フーダニット」を当てる推理ゲームです。
ファンタジーとは言え正統派推理ゲームかな?と思いプレイしてみましたが、
正統派と言うには少し違うかな、と。
作風は、シュールともギャグとも少し違う、何と言うか不真面目な印象を受けました。
作品としては、なるほど、こういうのもアリか!と唸らされましたが、この独特の
不真面目な雰囲気は個人的にはあまり好きなタイプではありませんでした。
ふふ、私は真面目っ子だからな……!

正直、序盤でかなり分かり易い証拠が見つかるので、探索しなくても犯人はピンとくるかな、と。
しかし、それだけではエンディングに辿り着けないのが大きな特徴です。
何と言うか、犯人を推理するというだけでなく、如何に空気を読むか?がキーポイント。

犯人入力後の展開は少なくとも2種類あるのですが、きちんとエンディングを迎えられるのは
恐らく1つだけで、その他の展開はゲームオーバー扱いになるようです。
一応エンディングは1種類と表記させて頂きました(他にもしありましたら、教えて頂けると幸いです)。
拍手する


コメント

    コメントの投稿

    ※コメント内容にネタばれが含まれる場合は、白文字にするなど未プレイの方への配慮をお願い致します。
    (やり方が分からない場合は、「このブログについて」をご覧ください)
    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fege.blog68.fc2.com/tb.php/637-c56aebc0
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。