スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

The Crooked Man

2015年01月05日 17:55

Horror Game【タイトル】 The Crooked Man
【制作】 Horror Game うり様

The Crooked Man
【ジャンル】 探索ホラーアドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 5種類
【スチル数】 -
【プレイ時間】 5時間12分程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 112MB
【公開日】 2013年1月4日

恋人と別れ傷心のデヴィッドは、友人の勧めで気分転換に引っ越しをした。
ボロで住み心地が良いとは言えないが、家具付きで家賃も安い、手頃なアパートだ。
しかし、新居では夜毎に不可解な現象が起こり始める。
引き出しの隅等から前の住人の走り書きのメモ等の痕跡を発見したデヴィッドは、
前の住人に会えばこの気味の悪い現象の答えが分かるかもしれないと考え、
彼の足取りを追って探しに行くだのが――


MANシリーズの一作目。前にご紹介した"The Sand Man"より前の話になります。
ストーリー自体は別ですが世界が共通しているので、2作ともやりたいけれど
どちらを先にやろうか迷った方には、まずこちらからプレイするのをお薦めします。

まず、制作サイトさんの作品ページに「あまり怖くありません」と「突然の脅かしや
残酷描写を多分に含んでいます」と両方の表記があったので、どっちやねん!!と
ビクビクしながらプレイしました。
いや、普通に怖かったです。
でも、心配した程脅かし要素も多くなくて私でも耐えられる範囲だったので、
ホラー大好きな方だと物足りない程度なのかも。

正直、恐怖感よりも、アクション要素(戦闘)があるのが私にはきつかったです。
苦労して倒してもどこまでも追いかけてくる奴……。そしてどんどん強くなる。
何度もやり直して頑張りました。その分、突破できた喜びもひとしおでした。

謎解き要素もありますが、難易度はそれ程高くないと思います。
謎解きの誘導も親切で、例えばパスワードで開くボックスや扉が多数ある場所では、
ヒントを見てフラグを立てないと、パス入力のダイヤルが表示されないようになっています。
ですので、「今見たヒントがどの箱に当てはまるか」がとても分かり易い。
ただし、鍵については自動で使ってくれるものと自分で使うものが存在します。
そこを意識しておかないと、ある場面で迷う……かもしれません。

探索の舞台はいくつかあって、トータルで5時間以上かかる長編です。
しかし、ひとつひとつの舞台に違った緊迫感があって、時間を感じさせない面白さでした。
終わってみると、クリアできて良かったと思える、とても心に残るストーリーでした。
GOOD ENDは主人公デヴィッドの心の成長物語となっており、
恐怖を乗り越えてクリアできた嬉しさと共に、とても清々しいカタルシスを得られます。
デヴィッドの心情には共感する部分が多々あったので、尚更でした。

エンディング5種類と書いていますが、GOOD ENDは1つで、残りはBADです。
時折挟まれる選択肢次第なので、分岐地点は分かり易いです。
恐らくBADは4つで全部のはずなのですが、見逃していたらすみません。
拍手する


コメント

    コメントの投稿

    ※コメント内容にネタばれが含まれる場合は、白文字にするなど未プレイの方への配慮をお願い致します。
    (やり方が分からない場合は、「このブログについて」をご覧ください)
    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fege.blog68.fc2.com/tb.php/638-476d3545
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。