スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

ダンス・マカブル

2015年02月02日 22:27

小麦畑【タイトル】 ダンス・マカブル
【制作】 小麦畑 oumi様

ダンス・マカブル
【ジャンル】 探索アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 5種類
【プレイ時間】 3時間15分程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 118MB
【公開日】  2014年10月12日
【プレイver.】 1.05

光を受けて、少女は見知らぬ大聖堂で目を覚ました。
彼女を導き、そこから脱出させることができるのか。
(ふりーむ!作品紹介ページより引用)


ウディタ製の謎解き探索アドベンチャー。

こちら以前から存在は知っていたのですが、まさか小麦畑さんの作品だったとは!
他の作品とキャラ絵が違っていたので気付きませんでした。
キャラクターはドット・立ち絵とも可愛くて、特に立ち絵が時折ふるりと動くのにびっくり。

宗教色が強い、という感想を見かけた事があるのですが、
主人公が敬虔なキリスト教徒という点が物語に大きく影響を及ぼしています。
個人的には、宗教色というよりは中世西洋色が強いと言った方がしっくりくる感じ。
別段そちらの知識がなくてもゲームクリアには問題ありませんが、
キリスト教や西洋史に強いとこの作品の持つ奥深さが味わえる、といったところでしょうか。
私はそちら方面についてはごく一般的な知識しか持ち合わせていないので、
プレイ中にその醍醐味を味わえたとは言い難いです。
クリア後に様々な考察サイトさんを拝見して「そうか、そうだったのか!」と。
MAPや台詞、ギミックにひとつも無意味な所がないというあまりにも精緻な作りに、
感心を通り越して鳥肌が立ちました。すごい作品です。

ただ、完成度が高いというのとゲームとして面白いというのは完全にイコールでもなく。
もちろん面白かったのですが、奥が深すぎて前述のようにプレイ中に全てを味わえた訳ではないので、
純粋にプレイし終わった時点では「普通に面白かった」という感想でした。
MAPもちょっと入口が分かり辛い箇所もありました。
システム面は非常に快適で、エンディング4以上を見ると(解放条件もしかしたら違うかも)
セーブすると、セーブリストで到達可能・不可能なエンドが○×で表示されるという仕様も
結構ありがたかったです。

ストーリーではうるりとする面もありましたし、実はその辺りのシーンを何度も見たくて
何度も繰り返しプレイしています。
元来私はゲームを何度もやり込むタイプではないので、これはすごく珍しい事です。
台詞の意味とか分かるとすごく心に喰い込んできて、揺さぶられるのです。

そして探索中はBGMなしなのですが、シーンによって美しい讃美歌が流れます。
この音楽がとても良いので、プレイ時にはヘッドホンの仕様をお勧めします。
拍手する


コメント

    コメントの投稿

    ※コメント内容にネタばれが含まれる場合は、白文字にするなど未プレイの方への配慮をお願い致します。
    (やり方が分からない場合は、「このブログについて」をご覧ください)
    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fege.blog68.fc2.com/tb.php/666-3afab567
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。