スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

もしも…幽霊屋敷に泥棒が入ったら…

2015年05月10日 21:38

鳥籠のゲーム作品【タイトル】 もしも…幽霊屋敷に泥棒が入ったら…
【制作】 鳥籠のゲーム作品 鳥籠様

もしも…幽霊屋敷に泥棒が入ったら…
【ジャンル】 探索アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 2種類(?)
【スチル数】 -
【プレイ時間】 1周1時間7分(トータル1時間40分)程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 34.5MB
【公開日】 2014年11月30日
【プレイver.】 1.02

ケイとユカリは泥棒のコンビ。
あるペンダントを盗むために廃墟に忍び込んだ。
2人は不気味な洋館の中を探索し、約20年前に起きた悲劇の真相に迫っていく。
(readmeより引用)


鳥籠さんの作品好きなので、公開を楽しみにしていました。
探索ホラーながら、パロディネタがコミカルであまり怖さは感じません。
と思って油断しきっていたら突然の動きにびっくりさせられた場面もありました。ちくしょう。

今回は探索メインで、推理ものではありません。
解答を出さないとクリアできない、というタイプのものではないです。
しかし作中にはきちんと「謎」が存在しており、エンディングも真実が明らかになるか、
もしくは真相に辿り着かずに脱出してしまうかの2パターンがあります。
しかしどちらに辿り着くにしろ、クリアまでにプレイヤーが真相を察するに充分なヒントが配置されており、
プレイしていると「気付き」が与えられるようになっています。
そのヒントの配置具合が実にニクイ。
露骨ではなく、しかし不親切ではない塩梅でした。
どちらかと言うと謎解きが得意でない人にも分かり易いと思われます。
真相に辿りつけなくてもクリア後にきちんと分岐点が示されるのもありがたい。
私は初回は途中で脱出エンドだったのですが、2周目もヒントのお陰で無闇に彷徨わなくて済みました。

ラストは切なさと不気味さが入り混じった不穏な空気で、すっきり終わり!ではないかもしれません。
軽さと重さ、コメディとシリアスが織りなす不思議な余韻を残す作品でした。
拍手する


コメント

    コメントの投稿

    ※コメント内容にネタばれが含まれる場合は、白文字にするなど未プレイの方への配慮をお願い致します。
    (やり方が分からない場合は、「このブログについて」をご覧ください)
    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fege.blog68.fc2.com/tb.php/686-5adb12e6
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。