スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

生への道

2009年07月16日 19:51

個人的ページ【タイトル】 生への道
【制作】 個人的ページ(サイト消滅) N/M様

生への道
【ジャンル】 選択式サスペンスアドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 ?種類
【プレイ時間】 1周3分(トータル30分~1時間程度)
【ツール】 LiveMaker
【容量】 3.19MB
【公開日】 2007年10月9日

10月7日、必ず殺されてしまう主人公。
生き抜くのためにはどうすればいいのか?どうして死ぬのか?誰に殺されるのか?
……そして、どうして死ぬにも関わらず、目を覚ますと再び10月7日なのか。
この日を生き抜くため、主人公は悪戦苦闘する。(制作サイトより引用)


3分ゲーサイトは消滅しておりますが、有志によるまとめサイトから
ダウンロード可能なようです。→3分ゲーコンテストまとめ

第15回3分ゲーコンテスト3位の作品。
3分ゲームですが、クリアするまでにはかなりの時間がかかります。
普通の短編アドベンチャーと変わらない遊び応えでした。
ここまでくると、3分ゲーの定義ってよく分からんなぁ。

3分ゲーのレビューなさっているサイトの批評を拝見して、内容が面白そうだったのでプレイ。
こういう不可解な設定のストーリーは好きなのです。
失礼ながらウィンドウに少々チープ感があるのと、マウスホイールでログが読めない、
テキストスキップが使い辛いなど操作面でちょっと引っかかりがあったものの、
内容は楽しめました。「え、そういうネタのお話なの?」という意外性もありました。
賛否両論分かれそうな予感がしますが、私はこれはこれで良いんじゃないかと。
あと、主人公以外のキャラが全員女性というギャルゲー並のハーレム状態。
そういう系統のお話が好きな方なら、余計に楽しめそうです。

途中、そのルートでは経験していないはずのことを主人公が思い出す、という
ちょっとおかしな話の流れもあったのですが、これは何度もゲームを繰り返していることが
何度も10月7日を繰り返す主人公の体験そのものになっていて、ゆえに記憶に残っている
……と思っていいんでしょうか。
美雪ちゃんのヒントコーナーで「プレイヤーが知っててもお兄ちゃんは知らない」
って釘刺された気もしなくないんですが。いや、うん、やっぱりそう思っておこう。

なかなかハッピーエンドに辿り着けずに苦労しました。
他にも結構色々なエンドがあるので、エンディングリストが欲しかったかも。
拍手する


コメント

    コメントの投稿

    ※コメント内容にネタばれが含まれる場合は、白文字にするなど未プレイの方への配慮をお願い致します。
    (やり方が分からない場合は、「このブログについて」をご覧ください)
    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fege.blog68.fc2.com/tb.php/70-ddfce76e
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。