スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

夏天祭実行委員会

2009年07月18日 09:48

water colors -games-【タイトル】 夏天祭実行委員会
【制作】 water colors -games- ayako様

夏天祭実行委員会
【ジャンル】 学園恋愛アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 8種類(+BAD1種類)
【スチル数】 28枚(+差分2枚)
【プレイ時間】 1周30分程度
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 24.8MB
【公開日】 2008年8月27日

我が校の学園祭である「夏天祭」は毎年、夏休み前に行われる。
私はその実行委員長を務めていた。
生徒会長がそのまま学祭の実行委員長をやるというシステムで、
私が生徒会長になって最初の大仕事ともいえる。
学祭当日が近くなってきた今、
私は準備に追われる実行委員たちの様子を見てまわっていた。
(制作サイトより引用)


育成日記」「神樹の守人」の作者さんの3作目ゲーム。
今回は学園恋愛アドベンチャー。いわゆる乙女ゲームです。
夏休み前のお祭準備ということで、時期的にぴったりな作品でした。

登場人物の顔絵の表情がころころ変わったり、背景がポスターのように
一部分だけで表されているのが面白かったです。
この作者さんのゲームはオプション画面をも作風に合わせてらっしゃるので
右クリックするのも毎回楽しみ。

今回は単に分岐で選択肢を選ぶだけでなく、その場面適した感情を
17種類の中から選ぶというちょっと凝った演出になっています。
一生懸命イマジネーションを働かせて「こんな気持ちよ!」と選んだのに
ちっともベストエンドへ行かなかったときは、ちゃぶ台ひっくり返したくなりましたよ。
後で制作サイトの攻略を見て分かったことなんですが、例えば
「悲観(切ない・悲しい・寂しい・心配)」と書かれているとして、()の中の言葉が
全て当てはまるかををメインに考えるんじゃなく、どれか1つぴったりな言葉があれば、
それを選べば良かったみたい。それを知ってからさくさく進みました。
……頼広先輩だけちょっと曲者でしたが。

私は学園ものはあまり好まないんですが、このお話はああ青春だなぁ、という
ノスタルジィを感じ、くすぐったいような温かい気持ちになれました。
特に鈴里ルートで主人公が泣きそうになったときには、私も一緒に目頭が熱くなりました。

余談になりますが、作中にクーラーで涼む描写でてきたりします。
私の高校時代は、職員室と保健室以外にクーラーなかった(はず)なので羨ましい!
拍手する


コメント

    コメントの投稿

    ※コメント内容にネタばれが含まれる場合は、白文字にするなど未プレイの方への配慮をお願い致します。
    (やり方が分からない場合は、「このブログについて」をご覧ください)
    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fege.blog68.fc2.com/tb.php/74-7d9c8f93
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。