鬼子母神の夢

2018年06月08日 20:00

鬼子母神の夢 ふりーむ!のページ【タイトル】 鬼子母神の夢
【制作】 雪月花様 (カクヨム

鬼子母神の夢
【ジャンル】 追いかけられホラー
【対象】 15歳以上(高校生~)推奨
【ED数】 7種類
【プレイ時間】 1時間15分~3時間程度
【ツール】 RPGツクールVX Ace
【容量】 182MB
【公開日】 2014年12月10日
【プレイver.】 1.08

主人公・伊織は親からある職に就くのを認めてもらうために三日間、姫纈町と呼ばれる町へ行くことに。
そこであることを思い出して欲しいと言われるが、その内容は伊織にとって不可思議な内容であった。
やがて、姫纈町に伝わるある伝承己の子供ため、大勢の人を犠牲にした鬼の母「鬼子母神」
その伝説が、伊織のある秘密とやがてゆっくりと交差していくことに……。
(ふりーむ!作品ページより引用)


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクールVX Aceのランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

第10回 ふりーむ!ゲームコンテスト 脱出アドベンチャー部門で銀賞を受賞された作品。

探索ホラーゲームです。追いかけられ要素あり。
ただ、こちらはホラーではあるもののシナリオ重視の作品で。多くの伏線が張られた濃密な内容でした。
追いかけっこが苦手な私でも遊べたので、そこが苦手だからとプレイを諦めるのはもったいないです。
ボイス機能付で、いつでもON・OFF設定可能。フルボイスではなく、メインイベントのみ喋ります。

本作の主人公、なかなか珍しい設定です(あらすじで伏せられてるのでここでも伏せておきます)。
作者さんがそのジャンルが好きなのかな?と思いましたが、ただ斬新というだけでなく、
主人公の生い立ち自体がストーリーに深く関わっていました。
また、謎解きもその分野に関するものが散りばめられていて興味深かったです。
そっち方面は詳しくない!という私のような方も、ヒントを読めば解ける塩梅なので大丈夫。

探索自体は軽い謎解き&典型的な追いかけられホラーです。
が、チェイサーがよく壁に引っ掛かってこちらを見失うので、逃げるのはさほど大変ではありませんでした。
道を間違えて袋小路にはまってしまい、追いつかれるパターンは何度かありましたが……
中盤までは捕まっても逃げられる救済アイテムもあるので、苦痛を感じずにプレイできるはずです。

そして、先に述べた通りこの作品の真骨頂はシナリオです。
終盤から物語が怒涛の展開を見せていきます。
普通のゲームならこのあたりでラスト、というところから思わぬ方向へ進展してゆき……
綿密に張られた伏線が徐々に明かされる度、驚きの連続でした。
特にBad2は、これでTrueに行けるか!と意気込んでいたところ失敗して辿り着いてしまったのですが、
このエンドのラストシーンでは「あああ、これがそこに繋がるんだ……!と驚愕。
身体が震えるような衝撃を覚えました。
バッドエンドって、わざわざ見なくてもいかなと思いがちなところもあるのですが、
この作品に関してはぜひ先を急がずに、じっくり見ていく事をお勧めしたいです。

エンディング数は7つと多いですが、途中で分岐に関する丁寧な解説が挟まれるので分かり易く、
Badに辿り着いたときにはヒントも表示されるので、始終安心感をもってプレイできました。
また、ゲームファイルに詳細な完全攻略も同梱されています。
私はBad3だけ自分の考えが合っているか確かめたくて攻略ファイルを見たのですが、
残りは自力で辿り着くことができました。
エンディング到達した順番は、 Nomal→Good→Happy→Bad3→Bad1→Bad2→True でした。
まあまあ良い順番でエンディングを迎えることができたと思います。
1周クリアまで1時間15分程、全エンドクリアまでで3時間程かかってます。

正直、ストーリーに関しては強引で都合が良すぎると感じる面もありますし、
人によってはあまり好ましくないと思う表現もあるかとは思います。
しかしそれ以上に構成の丁寧さと壮大さで見る側を圧倒し、鮮烈な印象を残すパワーを持った作品でした。
プレイして良かったです。
拍手する


コメント

    コメントの投稿

    ※コメント内容にネタばれが含まれる場合は、白文字にするなど未プレイの方への配慮をお願い致します。
    (やり方が分からない場合は、「このブログについて」をご覧ください)
    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fege.blog68.fc2.com/tb.php/747-90594cbe
    この記事へのトラックバック


    最新記事