鴇浅葱騒々記

2018年06月26日 20:00

鴇浅葱騒々記【タイトル】 鴇浅葱騒々記
【制作】 あまてる。 さはら彰人様、冬空 実様

鴇浅葱騒々記
【ジャンル】 ビジュアルノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 - (分岐なしノベル)
【スチル数】 9枚
【プレイ時間】 40分程度
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 60.2MB
【公開日】 2012年4月15日
【プレイver.】 1.1

「ちょっと! 何で妖怪相手に商売してんのよ、あのペチャ!」
鴇浅葱家の陰陽師、鴇浅葱 宍は、
浅葱家の陰陽師が妖怪の為の相談所をしていると聞いて大激怒!
浅葱の名を守るため、相棒 退紅と共に、浅葱家へ乗り込む事に!
「あのペチャに教えてやるのよ、本当の陰陽師ってやつを!」 (制作サイトより引用)


今回は、「浅葱妖怪相談所。」シリーズの番外編のような作品です。
制作時期としては、第2作目より前のようですね。

今回は、同じく陰陽師の家系である鴇浅葱家のお嬢様・宍ちゃんが登場します。
宍ちゃんは勝気で高飛車な子のようで、正直苦手なタイプだなぁと思っていたのですが、
読んでみると想像より良い子で可愛いかった。ほっとしました。
優しいけれどまだどこか頼りない葵ちゃんとは良いコンビだと思います。
宍ちゃんの式神である猫又も可愛いです。でも私は見た目でキー様派ですね。
あの丸っこさはたまらない……!

しかし、プレイ前はペチャってなんだ、その呼び名!と憤慨していたのですが、
宍ちゃんと葵ちゃんを見るとですね、あー、うん。文句を言いたいが黙らざるを得ない。
でも葵ちゃんは、まだまだ伸びしろがありますから。陰陽師としても、女性としてもね(多分)……!
ちなみに鴇浅葱も色の名前。ベージュピンクのようなすごく綺麗な色です。
宍ちゃんの髪色も鴇浅葱に似た色になっていて、そこでも葵ちゃんとの対比が良い感じでした。

今作は、珍しく本当に悪さを働く妖怪退治に赴くことになります。
宍ちゃんは本当に魔法使いのようで強い強い。
葵ちゃんもこれまで以上に活躍していて、彼女の成長っぷりも感じることができました。

戦いを通してより友情が深まったのか、後半での2人の関係は微笑ましくて羨ましかったです。
今の所これ以上シリーズの予定はないようですが、また2人の活躍を見たいと思わされました。
拍手する


コメント

    コメントの投稿

    ※コメント内容にネタばれが含まれる場合は、白文字にするなど未プレイの方への配慮をお願い致します。
    (やり方が分からない場合は、「このブログについて」をご覧ください)
    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fege.blog68.fc2.com/tb.php/765-4866beb4
    この記事へのトラックバック


    最新記事