思い出の記憶

2018年07月05日 20:00

思い出の記憶【タイトル】 思い出の記憶
【制作】 サラ様 (twitter

思い出の記憶
【ジャンル】 ホラー&探索型アドベンチャー
【対象】 12歳(中学生)以上推奨
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 3時間程度
【ツール】 RPGツクールVX
【容量】 189MB
【公開日】 2013年5月27日
【プレイver.】 1.02

病気で母を失い、事故で父を失った少女、レイ。
ある時レイは、祖父であるルイフから『北の館』で父が死んだと知らされる。
そのことをきっかけに、レイは父の死因を突き止める覚悟を決める。
やがてレイは、様々な怪奇現象が起こると聞く『北の館』へ一人、足を踏み入れるのであった――。
(制作サイトより引用)


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクールVXのランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

サラ様制作、記憶(北の館)シリーズの第2作目。
このシリーズは「北の館」という名称の洋館を舞台にしているのですが、
毎回、登場人物も館の「正体」も異なるようです。
昔プレイさせて頂いた、第1作目の「白黒~モノクロ~の記憶」は、
探索ホラーゲームながらやや女性向けな恋愛ストーリーがとても魅力的で。
続きもぜひやりたいと楽しみにしていた作品です。
こんなに遅くなりましたが、ようやくプレイできましたヾ('ω'*)ノ

キャラクターは恐らくツクール系の素材を使用されていると思うのですが、
この作品の為に書き下ろされたのか?と思う程見事にぴったり。
特に男性陣はイケメン揃いでイイ……!
前作の細かい記憶は残念ながら曖昧なのではっきり比較できないものの、
今作はホラー度がアップしていたように思います。油断しているとビクっとさせられました。

そして今回、途中のミニゲームがかなり……かなり難しかったです。
もうこれクリアできないんじゃと心が折れそうになった瞬間もありました。
(プレイした方でないと分からないでしょうが、黒豹のところです)
制作サイトの謎解き&ミニゲームのヒントの中にアドバイスがあるので、
詰まった方は参考にすると良いかもです。
私はヒントを見ずに一生懸命やって、何とかクリア。突破できて良かったー。・゚・(ノД`)・゚・。
難しかったですが、頑張ってクリアするゲームの醍醐味を味わえたとも言えるでしょう。

ストーリーは期待通りに秀逸でした。
ホラーだけに残酷な面がありつつも、終盤の思いがけない展開に魅了させられる展開です。
そしてそのストーリーを盛り上げるように、キャラクターが面白く、魅力的でした。
クリア後のおまけ部屋に行くと、キャラクターについての作者さんのコメントが見れるのですが、
あるキャラクターが一番人気のようで、例に漏れず私も彼が大好きです。
ちなみにおまけ部屋では、前作のキャラクターとも会うことができます。
それを見て、あー、そうだった!と記憶が蘇りました。
まさに、プレイヤーの思い出の記憶、ですね。

エンディングは一応2種類と表記していますが、分岐なしの一本道です。
ん、どういうこと?と思った方!
そこがこの作品の面白いところなので、ぜひプレイしてお確かめ下さい。
拍手する


コメント

    コメントの投稿

    ※コメント内容にネタばれが含まれる場合は、白文字にするなど未プレイの方への配慮をお願い致します。
    (やり方が分からない場合は、「このブログについて」をご覧ください)
    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fege.blog68.fc2.com/tb.php/775-58394b82
    この記事へのトラックバック


    最新記事