アキトDATE ショート ~尾のない黒猫~

2018年07月09日 20:00

FBI【タイトル】 アキトDATE ショート ~尾のない黒猫~
【制作】 FBI 花シュウ様、ハシクラオ様

アキトDATE ショート ~尾のない黒猫~
【ジャンル】 推理アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 2時間程度
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 170MB
【公開日】 2013年5月23日
【プレイver.】 1.01

梅雨真っ盛りの6月某日。アパートの一室で、女性の遺体が発見された。
『事件か、事故か』
まったく関係ないはずなのに、気付けば事態の究明を押し付けられている主人公。
不本意全開な彼がトンデモ推理で解き明かす、事の真相とは……?
(ふりーむ!作品ページより引用)


第9回 ふりーむ!ゲームコンテスト アドベンチャーゲーム部門で金賞を受賞された作品です。

こちら、1作目に当たる「「アキトDATE 第一話 ~凶行の違和感~」を、
すごーく昔(コミックメーカー製の時代)にプレイさせて頂きました。
続編があるのは知っていて気になっていたのですが、ようやくプレイすることができました。
ちなみに第二話はシェアウェアで、体験版のみフリー公開されています。今作が3作目となります。

昔ながらの推理アドベンチャーで、絵がくるくる動くのがすごくカッコいい。
ただ、文字速度は少し遅めです。オプションの設定で速めにしてもやっぱり遅いと感じました。
捜査までの導入ストーリーの後、現場に入ってからは画面クリックで調査していきます。
同じ箇所も何度か調べると変化があるので、詰まったら粘り強く調べるのがポイント。
ちなみに、調査を進めると人物や証拠物に関しての「カード」が手に入り、
それについてアキトの考察を読むこともできます。
これはやらなくても進行できるようですが、見ておくと面白いです。
しかしこの刑事さん、前作には登場しているようですが……第一話にも居ただろうか?
さすがに10年前だと記憶にありません。今度また再プレイしたいですね。

推理は、かなり丁寧にポイントになる事象についてアキトが注視してくれるので、
何となくこういうことかな、と想像することができました。
推理シーンでは適切な「カード」を選んで推理を組み立てていきます。
特に、最後の推理シーンでは3つのカードを組み合わせて指摘せねばならず、
何となくやらせたい方向は分かったのですがどれが相応しいのか悩んで何度かやり直しました。
これ、当たっていると「これは正解だが、残りはダメ」と教えてくれてやり直しになるし、
徐々にアキトの台詞にヒントが増えていくという親切設計です。
また、ギリギリまで間違えると、もう一度間違えるとゲームオーバーですという警告と共に
「秋人に推理を任せる」という究極の選択肢が。
推理が全くダメでもクリアは可能な設計ですので、詰まって挫折することはないのです。

推理過程では、犯人と友達から罵られながらの披露になるので、ちょっとイラっとしました。
まあ、こんな金髪のチャラい兄ちゃんに言われたくないのは分からなくもないですが。
しかしアキトは優しくて、犯人を告発するような自分の行為に疑問を感じているようです。
冒頭シーンでは彼のやんちゃっぷりを見せられてちょっと引いてしまっていたものの、
そんな人の好さを見せられると、アキトに好感を持ってしまいます。人物造形、良いですね。

画面構成も面白く、絵も綺麗で臨場感があり、推理も本格的。
とても貴重な良質の推理アドベンチャーです。プレイできて良かったです。
拍手する


コメント

    コメントの投稿

    ※コメント内容にネタばれが含まれる場合は、白文字にするなど未プレイの方への配慮をお願い致します。
    (やり方が分からない場合は、「このブログについて」をご覧ください)
    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fege.blog68.fc2.com/tb.php/779-1f036734
    この記事へのトラックバック


    最新記事