愚者アリア

2018年07月10日 20:00

りりはうす【タイトル】 愚者アリア
【制作】 りりはうす リリティー様

愚者アリア
【ジャンル】 探索アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 3種類(+BAD END数種)
【プレイ時間】 1周2時間20分(トータル2時間40分)程度
【ツール】 RPGツクールVX Ace(RTP不要)
【容量】 169MB
【公開日】 2015年11月29日
【プレイver.】 1.16

買い物の途中に寄り道をして怪しげなタロット占いの店に入ってしまう
占いで選ばれたタロットカードは「愚者」 主人公はタロットカードの愚者として
カードの世界に取り込まれてしまう…… (制作サイトより引用)


第11回 ふりーむ!ゲームコンテスト 探索アドベンチャー部門金賞を受賞された作品。

以前プレイさせて頂いた大好きなゲーム「物念世界」の作者さんの作品です。
タロットの世界を冒険するファンタジー。
今回はホラー要素はほぼ無しでした。
そして前作に続き、この作品もとにかくグラフィックが美麗!
油絵のようなタッチの景色に、フィールドが切り替わる度にうっとりと見惚れました。

タロットカードの世界だけに、それぞれに呼応するキャラクターが登場します。彼らもひときわ個性的。
特に「戦車」の彼のキャラクターには度肝を抜かれたというか……うちのめされました。
JOJOの第3部とか読んだことある方だとタロットにも馴染みがあると思われますが、
全くご存じない方はどんなカードがあるか調べておくと、より楽しめると思います。
(もちろん、知らないままでもプレイに支障はありません)

今回の主人公アリアちゃんは、ほんわかした素直な女の子(そして天然)。
状況をあまり悲観しないので、始終軽快でほのぼのとした雰囲気が漂っています。
そんな中でもタロットの荘厳さや神秘的なところもきちんと表現されていて、
2つの異なる雰囲気が織り交じった、不思議で独特な感覚を楽しめました。

謎解きは、あまりヒントのない箇所もあってやや苦戦しました。
右往左往しているうちに偶然クリアできてしまったり(蛇のところです)。
特に最後の謎は、前作をプレイしているかどうかによって難易度が大きく変わりそう。
私は前作の経験から閃きましたが、やってなかったら思いつかなかった自信があります。

エンディングはBAD、Nomal、Trueの3種類。
そして上記とはまた別のBAD END(いわゆるゲームオーバー)が多数です。
BADは、1、3、5、4、6までは回収しましたが、全部でいくつあるのか定かではありません。
正規エンディングとしては、NomalEndを一番にクリアしました。
これは、あれ、これで良いと思ったのにNomalなのか……と、ちょっとガッカリ。
分岐は、恐らくココかなと思ったところを試してみたらビンゴでした。
そして、BADを敢えて回収し、最後にTrueEndをクリア。
TrueEndは、正解に気付いた時「あー、そういうことか!」とハッとしました。

分岐点は終盤なので、全エンド回収もスムーズです。
クリアするとおまけ部屋(ここも綺麗)に行けるのも楽しみのひとつですよ!

美しい多彩な景色とキャラクターに彩られたタロットの世界、堪能させて頂きました。
拍手する


コメント

    コメントの投稿

    ※コメント内容にネタばれが含まれる場合は、白文字にするなど未プレイの方への配慮をお願い致します。
    (やり方が分からない場合は、「このブログについて」をご覧ください)
    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fege.blog68.fc2.com/tb.php/780-9cf68a57
    この記事へのトラックバック


    最新記事