俺とホモと幽霊屋敷

2018年07月31日 20:00

WHGF【タイトル】 俺とホモと幽霊屋敷
【制作】 大人の道楽(ゲームの一覧部屋) オレヌマトオコ様

俺とホモと幽霊屋敷
【ジャンル】 探索ゲーム
【対象】 6歳以上(小学生~)推奨
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 1周30分(トータル1時間)程度
【ツール】 RPGツクールVX Ace
【容量】 12.5MB
【公開日】 2014年8月5日
【プレイver.】 1.3

雨の降る森の中でモンスターに追われ、
辿り着いた屋敷に逃げ込んだ冒険者のアーネストとテレンス。
だがそこに住人は居らず、何やら奇怪な現象が起こり始めて……。


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクールVX Aceのランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

第10回 ふりーむ!ゲームコンテスト 短編部門の銅賞を受賞された作品。

正直、強烈なタイトルに気が引けて今までプレイしようと思わなかったのですが、
やっぱりコンテスト受賞作だし、光る何かがあるに違いない、とプレイさせて頂きました。

タイトルの通り、BLネタがあります。
ただかなりコミカルで、2人の会話が漫才のようで面白い。
さりげなくアプローチするテレンスを冷静にかわすアーネスト。良いコンビでした。
どうしてもどんなものでもBLが許せないという方でなければ大丈夫かと思いますが、
さすがに万人が楽しめると言い切るには個性が強いかなぁと。

会話はネタ満載ながら、探索ゲームとしては丁寧な作りで面白かったです。
屋敷でよくある構造は縦か横に伸びた廊下の両側に部屋がある……というものですが、
この作品のMAPは街中の家のように全て北向きで立体的に部屋が並んでいます。
一目で全体像が分かるので、見易くて探索し易い作りでした。
部屋に入った時に、部屋の名称が表示されるのも分かり易くありがたいです。
途中結構迷いもしましたが、詰まらずにクリアできました。
謎解きは易しめですし、アイテムは全て自動的に使用してくれます。
主に、次の目的の場所を探すのに時間を費やした感じでした。

エンディングは2種類。
紹介文にも記述があるので書いちゃいますが、キャラクター同士の好感度で変化します。
ちなみに私、1周目の好感度はわずか15でした。あれぇ。
2周目は、制作サイトさんの攻略を見つつ確実に好感度を上げていきました。
お陰で「ゆるいホモエンド」もクリア。
BL好きな方がきゅんとしそうな展開が見られます。
本人には怒られそうですが、基本的にアーネストは可愛いのでテレンスの気持ちも分かります。はい。
拍手する


コメント

    コメントの投稿

    ※コメント内容にネタばれが含まれる場合は、白文字にするなど未プレイの方への配慮をお願い致します。
    (やり方が分からない場合は、「このブログについて」をご覧ください)
    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fege.blog68.fc2.com/tb.php/801-67cc9f73
    この記事へのトラックバック


    最新記事