シェリラベット

2018年08月19日 21:52

COCOON【タイトル】 シェリラベット
【制作】 COCOON 八色いんこ様

シェリラベット【ジャンル】 女性向け恋愛ADV
【対象】 全年齢
【ED数】 3種類
【スチル数】 16枚
【プレイ時間】 1周1時間20分(トータル2時間20分)程度
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 68.1MB
【公開日】 2017年1月29日
【プレイver.】 1.05

引きこもりお姫様、初めてのおつかいは「竜との契約」!
頼もしい護衛の騎士と一緒に旅立ちますが……。 (制作サイトより引用)


主人公のお姫様リディと御付きの騎士クワルツの旅物語。
「王女と騎士」という王道の組み合わせや、「竜との契約」とか、聞くだけで胸が躍る設定です。

主人公2人の服装が美しいパステルカラー調なので、画面の色彩が基本柔らかでとっても綺麗です。
リディ姫がおっとりしすぎで、口調がやや子供っぽいので好みが分かれそうなところではあります。
が、銀髪に紫眼という気品ある容姿に、旅装もこの上なく可愛い。見ていてうっとりします。
そしてクワルツも同上。何よりこの方の髪の色が好きでした。

ただこちらの作者さん、ほのぼの路線やシリアス路線、ダーク系と多彩な作品を作られる方なので、
今回は見た目と紹介ページを信じてほのぼのファンタジーだと思っていいのか!?果たして……!
と、始終ドキドキしていました。

どこまでがネタバレになるか難しいところですが、以下、ストーリーについての感想を述べています。
軽くですがストーリー傾向に触れていますので、先入観なくプレイしたい方は読まない方が良いと思います。
反転させないと見えないようにしておきます。

1周目(グッドエンド)はつつがなく終わったので、何となくうやむやにされた箇所に違和感がありつつも
何事もなく普通だった。と少し安堵したのですが。
2周目(ハッピーエンド)をクリアして、やっぱり丸く収まったようでいて、いや、これって……と心がざわり。
そんな、まさか……。信じたくないけど、でもやっぱりそうとしか、というある気付きが訪れます。
そして最後のトゥルーエンド。これはもう、色んな意味でゾクリとしました。


※これより先、更にネタバレ要素あり。閲覧にはご注意ください。

しかし、トゥルーエンドとEXITRAを除けば、リディのように違和感から目を背けていさえすれば
単なるほのぼのファンタジーでしかありません。
とは言え、そこを見ずにプレイを終える方はいないでしょうし……。
優しい愛しいだけの物語をご所望の方は、覚悟してプレイした方がいいかもしれません。

特に、EXITRAで明かされる真相には、軽く打ちのめされました。
私は同作者さんの作品中でも"Crimson_Roots"が大好きなんですが、それよりも何かしんどかった。
今作は表向きがあくまで優しく穏やかなのに、裏に暗いものが潜んでいるので、
清らかな美味しい水を飲んでいたら元の水差しの底に虫の死骸が見えた、みたいな不快感と言いますか、
苦いもの噛み潰してしまった感があるのです。


ただ、そんなところも含めて楽しめた作品でした。
ひとつだけ述べるとすれば、大人向けの作品です。
全年齢向けとはなっていますが、個人的には学生のお子様にはプレイはお薦めできないかなぁ。
拍手する


コメント

    コメントの投稿

    ※コメント内容にネタばれが含まれる場合は、白文字にするなど未プレイの方への配慮をお願い致します。
    (やり方が分からない場合は、「このブログについて」をご覧ください)
    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fege.blog68.fc2.com/tb.php/820-99252542
    この記事へのトラックバック


    最新記事