TEST

2018年08月21日 20:00

WHGF【タイトル】 TEST
【制作】 WHGF WH様

TEST
【ジャンル】 ホラー風アドベンチャー
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 1時間20分~1時間40分程度
【ツール】 RPGツクールVX
【容量】 106MB
【公開日】 2016年4月1日
【プレイver.】 1.04

気が付いたら、ここにいた。
小さな窓だけの無機質な部屋。
人を呼んでも誰も来ない。あの窓からは、外は見えない。
……外に出たい。 (ゲーム内より引用)


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクールVXのランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

無機質な、何かの研究施設のようなところから脱出するゲームです。

プレイ前に注意書きがあるのですが、このゲームには「精神不安値」というパラメーターがあり、
行動するとどんどん不安値が上がっていきます。
途中で手に入る「精神安定剤」を使用して、不安値を抑えつつ進まなければなりません。
また、即死要素もあるのにセーブポイントは限られているという、結構シビアなゲームです。
安定剤がいつ切れるか、数が足りるのか分からない不安感、それ故に無駄に歩き回れないという緊張感。
プレイ中は始終軽いストレスを感じていました。
ただ、何故かそのストレスが嫌ではなく、むしろ心地良かった。
難しいミッションをこなしている、という心地良さでしょうか。

謎解きはそこまで難しいとは感じませんでした。
中にはごく簡単な英単語の知識が必要なところもあります。
これは推奨年齢の中学生以上なら問題ないレベルかと。
更に、暗号的な謎解きの他にも、フロアの特性を理解して上手く進まねばならないというのもあり。
最初は何も分からないので、1フロアで少なくとも1回はゲームオーバー必至な感じです。
「何でダメなのか」を考えつつ「こうすればいいのでは?」を試しつつ進むのがとても面白かったです。

エンディングは2種類。
私は最初ED2に到達し、分岐点がどこだかは想像がついたのですがED1に辿り着けず……。
クリア後のおまけ部屋にてヒントが貰えるので、それを拝見して再プレイしました。

どちらのエンディングも、諸手を挙げて喜べる感じではありません。
ただ、やれることはやり切った。
ストーリーの後味以上に、プレイヤーとして難しい状況を切り抜けたという達成感がありました。

あくまでゲーム上の制約を工夫して切り抜けていくタイプの作品で、アクションが難しい訳ではありません。
ある程度手応えあるゲームがお好きな方は楽しめると思います。
拍手する


コメント

    コメントの投稿

    ※コメント内容にネタばれが含まれる場合は、白文字にするなど未プレイの方への配慮をお願い致します。
    (やり方が分からない場合は、「このブログについて」をご覧ください)
    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fege.blog68.fc2.com/tb.php/822-103370e5
    この記事へのトラックバック


    最新記事