スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

GB

2009年07月21日 23:03

各命堂【タイトル】 GB
【制作】 各命堂 鞘いつこ様、栗本りく様

GB
【ジャンル】 伝奇サウンドノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 - (分岐なしノベル)
【スチル数】 -
【プレイ時間】 1時間
【ツール】 NScripter 
【容量】 35.4MB
【公開日】 2008年10月2日

主人公、夏御(なつみ)ユキは、彼女が住む田舎町空羽根の守り神、
蟷虫翁(とうきおう)の仕事を手伝う破目になってしまう。
その仕事と言うのは、蟷虫翁の、老いにより力の弱まってしまった封印を破って逃げた、
空羽根に危険をもたらす者、飛吸(ひすい)を捕らえ、再び封じる、と言うものであるのだが――
(制作サイトより引用)


※現在、公開されていません。

虫好きにオススメって書いてあったので読んでみました。
虫、好きじゃないんです私(えー)。
でも子供の頃、ファーブル昆虫記を夢中で読んでました。
そういう気持ちになれればいいなぁと……。

蟷虫翁かわいかったです。特に、本編後に読めるおまけのトークがかわいかった!
でも、虫なんですけど心が人間なんで、あんまり虫を感じませんでした。
せめて本編中にイラストがあれば印象も変わったんでしょうけど。
タイトル画面にかっこいいイラストがあるので、それを見て想像を膨らませるしかなかったです。
「虫」を中心に持ってきたのは斬新ですが、ストーリーは正直ありきたりな感じでした。
ただ、虫の修正(というか呼び名)が展開に活かされているあたりは、
おまけを読んで気づいたときおおっと思いました。良かったと思います。

あと「エイプリれ! 亀」のときもそうだったんですが、時折文章が5行分以上くらい
一気に表示されるのがちょっと読みづらかったです。
前作のときは、亀神さまが一気に捲し立てて喋る演出だろうと思っていたんですけど、
そういう訳でもなかったようです。
拍手する


コメント

    コメントの投稿

    ※コメント内容にネタばれが含まれる場合は、白文字にするなど未プレイの方への配慮をお願い致します。
    (やり方が分からない場合は、「このブログについて」をご覧ください)
    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fege.blog68.fc2.com/tb.php/84-01eb0fd6
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。