四色さん

2018年09月12日 20:00

たぶんおそらくきっと【タイトル】 四色さん
【制作】 たぶんおそらくきっと 神波裕太様

四色さん
【ジャンル】 ショートホラーノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 4種類
【プレイ時間 】 1周5分(トータル10分)時間
【ツール】 NScripter 
【容量】 10.2MB
【公開日】 2007年6月30日
【プレイver.】 1.00

トイレの怪談は様々で、よくある話が「トイレの花子さん」
でも、私たちの学校にはトイレの花子さんなんていない。
いるのは、「四色さん」
四色さんは呼び出すと三つの色を聞いてくる。
「あかいろとあおいろときいろ、どれがいーい?」
答えはどれでもいい。
どれを答えても、昔流行った「怪人赤マント」や「赤い紙青い紙」みたいに殺されたりしないから。
けれど、絶対にどれかの色を答えないとだめ。
答えないと、黒に染められて殺される。
それが、私たちの学校に伝わる怪談。 (readmeより引用)


怪談として聞いたことのある「赤い紙青い紙」かなと思いきや、説明文では違う怪談らしい。
「赤い紙青い紙」は子供の頃に聞いてかなり怖かった(今も思い出すと怖いですが……)ので、
この作品では何が起こるのか?と結構ドキドキしつつプレイしました。

普通に怖かったです。
あか、あおと読んで救いのない展開にへこみ、「きいろって……きいろって何よ!」と。
ひぃぃ。ある意味予想外で、きいろが一番エグかった気がします。

短時間で怪談ならではの嫌な感じが味わえる、まさにこれぞホラーでしょうという作品。
10年以上前の作品ですが、こういう昔ながらの定番ホラーは色褪ないものです。

ちなみに、暗い嫌な気分で終わった後、ギャグ編がプレイ可能。
読むとホラーテイストは台無し……とはいえ、何か救われます。
拍手する


コメント

    コメントの投稿

    ※コメント内容にネタばれが含まれる場合は、白文字にするなど未プレイの方への配慮をお願い致します。
    (やり方が分からない場合は、「このブログについて」をご覧ください)
    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fege.blog68.fc2.com/tb.php/844-ccce86be
    この記事へのトラックバック


    最新記事