わたしの愛する、壊れたせかい

2018年09月24日 20:09

それからもうひとつ【タイトル】 わたしの愛する、壊れたせかい
【制作】 それからもうひとつ りっと様

わたしの愛する、壊れたせかい
【ジャンル】 乙女ゲーム
【対象】 全年齢
【ED数】 5種類
【プレイ時間】 1周15分(トータル30分)程度
【ツール】 LiveMaker
【容量】 37.0MB
【公開日】 2018年6月15日
【プレイver.】 1.00

私の幼馴染は不治の病に罹っている!
感情が高ぶると最悪死に至るおかしな病!
彼は無事に生き延びられる?
さあ、少しおかしな物語の幕開けです!

ひねくれ者の彼との愉快な一日のはじまりはじまり! (ふりーむ!作品ページより引用)


感情が高ぶると死ぬという奇病にかかたエリオットと、幼馴染のマルガレーテのお話。
こ、これはハッピーエンドでラブラブ展開が死亡フラグなのでは?と、
ハラハラしながらプレイしてました。

何かこれ、「萌え死ぬ」という感覚をそのまま本物にした(?)ようでもありますね。
萌え死ぬのを回避しようとするせいか、エリオットはマルガレーテに対してツンツンした物言い。
しかし、マルガレーテはあまり傷ついたり動揺したりしません。
これはマルガレーテが鈍感とかいう事ではなく、きっと、エリオットをよく知るが故に
彼のありのままを信頼しているんだろうぁな……と、何となく心が温かくなりました。

設定を読んで、これはいかにエリオットを活かさず殺さず(つまり適度にときめかせて)
口説き落とすかのゲームだな!と思っていたのですが、展開は予想外な面も。
ルートによっては悲劇もあるのですが、その分ハッピーエンドはすごく良かったです。
こういうの待ってました!という感じですね。

絵柄も可愛らしく、パステルカラーの色合いが綺麗なので(シーンによりますが)、
画面を見ているだけで春の景色を眺めるようなうっとりした心地になれました。
拍手する


コメント

    コメントの投稿

    ※コメント内容にネタばれが含まれる場合は、白文字にするなど未プレイの方への配慮をお願い致します。
    (やり方が分からない場合は、「このブログについて」をご覧ください)
    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fege.blog68.fc2.com/tb.php/856-65a8a58a
    この記事へのトラックバック


    最新記事