NIGHTMARE HORN

2018年10月03日 20:00

WHGF【タイトル】 NIGHTMARE HORN
【制作】 WHGF WH様

NIGHTMARE HORN
【ジャンル】 ホラーアドベンチャー
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 1時間程度
【ツール】 RPGツクールVX
【容量】 21.3MB
【公開日】 2017年3月4日
【プレイver.】 1.03

深い眠りから覚めかけた微睡の中、冷たい空気の気配を感じる。
「……起きたかい?」
うさぎの縫いぐるみが喋っている……。
アクター(名前変更可)がハッと目を覚ますと、目の前にはうさぎの被りものをした人物がいた。
彼に鏡を見るよう促され確かめると、自分も同じように被りものをしており、
どうやら取り外しができないようだ。
ジャックと名乗った彼と共に、アクターは館を出ようと探索を始めるのだが、
部屋を出たところアルペンマンと名乗る異形が現れ、宣言される。
「この屋敷にはね、君を殺す為に何人もの異形がいるんだ」 (一部ゲーム内より引用)


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクールVXのランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

タイトル画面の、壊れた遊園地みたいなBGMが怖い。

とにかく命を狙ってくる異形頭達をかわしながら、
屋敷の謎を解き脱出をしてください。


というゲーム紹介だったので、がっつり襲ってくるんだろぉぉ!と、腕まくりして気合入れて始めました。
が、思ったより追いかけられ要素は厳しくなかったです。
敵全員が血眼になって追ってくるかと思いきや、階層をまたぐと追ってきません。
キャラクターによっては接触しない限り平気だったり、
普通に会話ができるのにタイミング次第で気まぐれに殺しにくるタイプとかもいます。
敵ながら、動きが一辺倒ではなくて面白かったです。
後で知ったのですが、作者さんのtwitterで敵キャラを公募されたようですね。
なるほど、道理で個性的な訳です。

館はコンパクトにまとまっていて、広すぎないので探索は楽でした。
一ヶ所だけなかなか謎解きに気付けずにウロウロしちゃいましたが、ヒント無しでクリアできました。
ちなみに、ゲーム内で自分がいる部屋の謎解きのヒントを閲覧することができます。

ゲームの雰囲気そのままに、ラストもあまり爽やかとは言えない終わり方です。
B級映画のようなテイストで、そういう悪趣味な展開、嫌いじゃありません。
クリア後は、おまけ部屋に行けて敵キャラに関する設定なども見る事ができます。
避けまくったが為に本編で殆ど絡まなかったキャラクターについても見られて面白い。
行動パターンを確かめたくて、また本編に戻ったりしちゃいました。
拍手する


コメント

    コメントの投稿

    ※コメント内容にネタばれが含まれる場合は、白文字にするなど未プレイの方への配慮をお願い致します。
    (やり方が分からない場合は、「このブログについて」をご覧ください)
    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fege.blog68.fc2.com/tb.php/865-84588e8d
    この記事へのトラックバック


    最新記事