盲愛玩具

2018年10月04日 20:00

共食いうさぎ【タイトル】 盲愛玩具
【制作】 共食いうさぎ あうぐ様

盲愛玩具
【ジャンル】 探索ホラーアドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 2種類?
【プレイ時間】 30分程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 8.33MB
【公開日】 2013年2月14日
【プレイver.】 1.02

玩具は持ち主を愛する
理由を考える必要はなく
ただ愛されるが故に愛する

――メイベルは、バートランドの元に来て1年。
1周年の記念に、バートランドは明日パーティーをしようとメイベルに提案する。

(一部ゲーム内より引用)


30分程度でクリア可能な探索ホラーアドベンチャーです。
ホラーと言っても過度な脅かし表現はありません。
心理的な怖さ、不気味さはあるもの、ゲーム進行にビクビクするような類の怖さはなかったです。

探索の舞台はそれ程広くないので、迷うことはないと思います。
一見普通のお家ですが、探索していくと異様なところもあり不気味さを感じました。

今までいくつか同作者さんの作品をプレイし、何となく作品の傾向は分かっていました。
序盤の紹介文も不穏ですし、幸せで明るい物語は期待していませんでしたが……
いやー、やっぱり予想通りでした。
ただ、怖いとか後味が悪い以上に、何だか考えさせられた物語でした。
自分なら、どちらを選ぶのだろう?

主人公メイベルは、2つの運命のどちらかを選ぶことになります。
そのうちのひとつは、普通こっちを選ぶでしょう!という選択肢なのです。
ですが、プレイしていると、果たしてどちらが良いのかと逡巡してしまう。
それは、簡単に片方をを選べない、つまり普通ではない彼女の悲しさが理解できるから。
ラストの彼女の描かれ方も、重く心にのしかかってくるのでした。
拍手する


コメント

    コメントの投稿

    ※コメント内容にネタばれが含まれる場合は、白文字にするなど未プレイの方への配慮をお願い致します。
    (やり方が分からない場合は、「このブログについて」をご覧ください)
    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fege.blog68.fc2.com/tb.php/866-a15cec23
    この記事へのトラックバック


    最新記事