Quamise

2018年10月08日 19:55

WHGF【タイトル】 Quamise
【制作】 WHGF WH様

Quamise
【ジャンル】 探索アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 20分程度
【ツール】 RPGツクールVX(RTP不要)
【容量】 67.7MB
【公開日】 2017年4月21日
【プレイver.】 1.00

横スクロールで不思議な世界を進んで行く、探索ゲーム。
ストーリーや背景は一切説明されず、何も分からないまま進んで行くことに。

手書きのMAPがすごく可愛くて良い味を出しています。
キャラクターはフードを被った簡素な姿。
ちゃんとダッシュもできて、走るとちょこちょこ素早く足を動かすのが可愛いです。
フォントも作品に合ったものが使われていて、雰囲気を損ないません。
ひとつMAPを進める度に違った世界が広がっていき、進むのが楽しかったです。
不気味で、美しくて、悲しいような。不思議な世界でした。

謎解きは数も少なく難しくはありませんが、ちょっと変わったやり方のもので面白かったです。
ヒントが英文のところもあり、簡単な英語の読解は必要になります。
と言っても、本当に簡単な文章ですが。

また、道中では戦闘もあります。
選択肢は「ベルを鳴らす」→攻撃、「耳を塞ぐ」→防御、「争わない」→逃げる の3種類。
途中で出会う案内人のような人物から戦わない選択肢もある、と助言されるものの、
倒すと手に入る「光のかけら」が必要になるところがあり、ある程度は戦う必要あります。
戦うと、相手は「暴言を吐く」という攻撃をしてきます。
防御してもあまり意味がないようだったので、ひたすらベルを鳴らし続けるばかりでした。
雰囲気を味わうゲームで戦いはメインではないものの、
戦闘にもう少しメリハリがあるともっと面白くなったかなとも思います。

主人公は何をしているのか?なぜベルを鳴らすことで敵を撃退できるのか?色々と不思議でした。
最後までプレイしても、結局何だったのかというのは示されません。
各自推測するしかないようです。

ちなみに恥ずかしながら、タイトルの"Quamise"の意味が分かりません。
作品中にでてくるある物のタイトルにもなっているのですが……
Google先生に聞いても分からないよー。・゚・(ノД`)・゚・。

※この先ネタバレになるかもしれない文章があります。
 ただし私の推測で的を射ている自信はないです。
 反転しないと見えないようにしていますが、ネタバレが嫌な方は閲覧にご注意下さい。

途中で川を渡るシーンがあるので、所謂「あの世への旅立ち」のストーリーなのかな?と考えてました。
主人公が戦っているもの、そして主人公は自死を選んだが為にこの世界を彷徨っているのかと。
最後は魂が解放されたのかなぁと。


でも、そう考えると全てがしっくりする、という訳でもないのですよね。
ふりーむ!作品ページの、“それは××に似た。”という一文の意味も気になります。
他の方のレビュー等も拝見してみたいものですが、結構少なくて。
未だこの世界を掴みかねている状態です。
しかし、理解はできなくとも、雰囲気を味わうだけでも心地良い作品でした。
拍手する


コメント

    コメントの投稿

    ※コメント内容にネタばれが含まれる場合は、白文字にするなど未プレイの方への配慮をお願い致します。
    (やり方が分からない場合は、「このブログについて」をご覧ください)
    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fege.blog68.fc2.com/tb.php/870-a0ef8c20
    この記事へのトラックバック


    最新記事