The Hanged Man

2018年10月24日 19:57

Uri Games【タイトル】 The Hanged Man
【制作】 Uri Games うり様

The Hanged Man
【ジャンル】 ホラー探索ゲーム
【対象】 全年齢
【ED数】 5種類
【プレイ時間】 1周6時間10分(トータル8時間半)程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 144MB (フルボイス版)、87.0MB (パートボイス版)
【公開日】 2017年5月11日
【プレイver.】 2

雪の降る町を歩く一人の少年。
その手には、とある住所が記された紙と不吉なメッセージを記した手紙、
そして、"The Hanged Man"のタロットカードが握られていた。
ふらりと入った店で揉め事を起こしてしまった彼は、メモに記された住所に連絡され、ある人物に保護される。
しかし、黙ってその家を抜け出した少年は、郊外の森を抜けた先で廃墟へ辿り着く。
雪をしのいで一晩を過ごす為、彼は廃墟へと忍び込むが……。


うりさん制作のホラーゲーム"The Crooked Man" "The Sand Man" "The Boogie Man"
に続く、シリーズの四作目、最終作です。
大好きなシリーズなので、これで完結だと思うと寂しいですね。
前作までの主人公たちも登場しますので、前三作を先にプレイすることをお薦めします。

前作に引き続き、全て英語でのフルボイス版と、一部だけのパートボイス版があり。
私はパートボイス版をプレイさせて頂きました。
ボイス聴きたい気持ちはありますし、聴かないと声優さんや制作者さんの努力を無下にするようで
申し訳なく思ってしまうのですが……声に気を取られて読むのに集中できないというのと、
ボイスのスピードと黙読のスピードが合わず、進めるペースが狂ってしまうのです。

今作は、まずタイトル画面からほぉぉと見惚れてしまいました。
シンプルだけど、タイトルを反映したちょっと面白い画面です。センス良いなぁと思います。

雪の降る静かな町からゲームは始まります。
雪の上を歩くとサクサクという足音と共に足跡が付く!
これが意外と楽しくて、無駄に歩き回ってました。
家出なのか、遠い町にやってきたらしい少年。最初は名前も顔も明かされません。
町で揉め事を起こしてしまい、警察から連絡を受けたある人物の家へ行くことになりますが、
彼はそこから逃げ出します。
その先に辿り着いた廃墟で起こる出来事。

今作も面白かった。そして結構難しかった!
ただし前作がかなりの高難易度だったので、それに比べれば楽ではありましたが。

冒頭は人里なので全然良いのですが、廃墟に辿り着いてからは怖かったです。
過度な脅かし表現はありませんが、何の建物だか分からないやら、気味が悪いやら……。
ただ、探索中はビクビクしながら進むというより、先が気になって夢中で調べ回っていたので、
忘れた頃に起きる脅かし表現(床が抜けるとか)にいちいち驚いて、ビクッと身体が跳ねてました。ひぃぃ。

そういう脅かし表現は、単にプレイヤーを怖がらせる為ではなく探索のヒントになっています。
何か異常現象が起きるところに何かある、という具合に。
今回の廃墟は、10以上の同じ部屋がずらりと並ぶフロアが複数階あるような構造なので、
ヒントなしの探索はさすがに辛い。そこは配慮されていてありがたかったです。
しかしそれでも、ひとつイベントをクリアした後に何をして良いか分からなくなる時がありました。
何とか一周は自力でやりたくて、攻略は見ずに奮闘。
上記のようにきちんとヒントがあるゲームなので、虱潰しに探索しないと進めないはずはないと思ったものの、
他にやりようがなくて、かなり隅から隅まで調べ回りました。
その為プレイ時間も長くなってしまいましたが、うろうろしてMAPを覚えておくと後々役に立ちます。

今作の主人公の少年ウィルは、シリーズ最年少の主人公。
冒頭では荒んだ雰囲気を感じますが、ストーリーが進むにつれ印象が変わっていきました。
ウィルには、ネズミのポップという相棒がいます。
彼にとってポップは人間同様にしゃべるネズミで、本当の相棒のように会話しているのです。
普通ならウィルの空想だろうと思えるところですが、なんせこのシリーズは妖精が実在しますので、
ウィルも不思議な存在が見える子なのか?それともやっぱり……というのが気になるところでした。

そして、ストーリーが進むと明かされる意外なこ事実、期待通りに登場する過去作の人物たち。
不気味な廃墟の探索中、プレイヤーとしてお馴染みの人物に出会えるのは本当にほっとしました。
一緒に行動してもしなくても、ホラゲーで同じ空間に人間がいるのって安心しますよね。
ストーリーもシリーズの最終作に相応しく、キャラクターへの理解と愛情が深まるものでした。

今回もマルチエンド方式で、BAD ENDが4つとGOOD ENDが存在します。
頑張って自力で辿り着いた最初のエンディングは、BAD END2。悲惨でした……。
自分の目で見たシーンが信じられず、きっとこれは何かの間違いだと思ってしまうくらいショック(・ω・`)
分岐点は予想がついたのですが上手くできず、その後は攻略情報を拝見。
BAD3→BAD1→GOODの順で回収しました。
分岐については、ストーリー上予測がついたり、それとなく示唆となる台詞があったりするので、
きちんと考えてもう少し頑張れば全エンド自力クリアもできたかなと思いました。ちょっと悔しいなー。

GOOD ENDについては、主人公ウィルの成長物語になっています。
ここのところはシリーズ通して一貫していますね。
今回のGOODは分岐はさほど複雑ではないものの、クリアするのにかなり苦労しました。
詳細は伏せますが、私の苦手な要素がありまして……。
何度も頑張ってクリアできたときは、やったー!やっとできたぁぁ!と心底嬉しかったです。

重ねてになりますが、今作でManシリーズも一区切りと思うと寂しいです。
シリーズ全て思い入れの深い、好きな作品になりました。
制作サイトさんを拝見すると、本編とは別のサイドストーリーの構想もあるようで、そこを楽しみにしています。
このシリーズ、怖そうで無理かもしれないとプレイを躊躇していた時期がありまして。
思い切ってプレイして、本当に良かったと思っています。
拍手する


コメント

    コメントの投稿

    ※コメント内容にネタばれが含まれる場合は、白文字にするなど未プレイの方への配慮をお願い致します。
    (やり方が分からない場合は、「このブログについて」をご覧ください)
    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fege.blog68.fc2.com/tb.php/888-7d74cc6d
    この記事へのトラックバック


    最新記事